人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 15日

楽天がビームスとネット販売

おはようございます。ベトナムより帰国後の初投稿です。

小売業が顧客に提供できる付加価値には安さや買い物のしやすさなど色々あると思いますが、競争戦略上最も大きな効果を見込めるものは品揃え、つまり商品の集積方法ではないかと思います。

古くからのお話ですが、特定メーカーの電化製品しか買うことが出来なかいお店よりも複数のメーカー製品を比較検討できるお店のほうが顧客は価値を感じることができますし、野菜と魚と肉などの食品を別々のお店で買うよりも商店街やスーパーなど一カ所で買うことができると時間の節約というメリットも感じてもらうことができます。

しかし現代のようなインターネットで情報が多すぎる時代となると、逆にデメリットになることがあるようです。
例えば、アマゾンや楽天などのショップでは大量の商品から検索して買い物するわけですが、商品、検索結果を見るだけでも大変な時間がかかり、どれを選んでよいかわからなくなるという不便さがあるようです。

このような不便さに対して、専門家が顧客にあう商品を選んでくれるサービスを提供する企業がふえているようで、そのような記事が5月15日の日経新聞に掲載されていました。

楽天はファッションのセレクトショップで有名なビームズと組んで専用サイトを立ち上げるというもので、ビームスのバイヤーが楽天市場からで取り扱う1億3000万点の商品からピックアップし、専用サイトで販売するというビジネスのようです。ビームスからは社長も含め20人ものバイヤーが参加するという大掛かりな取り組みのようです。

米国では、このような専門家が独自の目利きで商品を選択し顧客に提案する手法をキュレーションと呼ばれています。米国のネット通販でもこのキュレーションは広がっていますし、日本でもこれだけ情報が溢れていると便利さを感じる人はファッションだけではなく、色々な分野で新しいサービスが考えられるのではないでしょうか。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2013-05-15 16:21 | 顧客満足
2013年 05月 09日

ベトナム出張

おはようございます。

今日から4日間、ベトナムへ出張にいってきます。

弊社はCRMを中心として周辺システムのアプリケーションの開発を受託している企業ですが、その開発先を求めていってきます。

クラウドアプリケーションをオフショアで提供できると、アプリケーション開発がより小ロット短期発注となると思います。

なおかつこれをアジャイル開発というお客様と検証を繰り返しながらアプリケーションを開発する導入方法を採用すると、従来のシステム開発のような初期導入時リスク、最初にかかる開発コストを大きく削減できるのではないかと考えております。

そもそもお客様の業務も良くわからない中でシステム開発するとなると、業務ヒアリングから初めて想像の中で見積もりするのでリスクを上乗せしたような価格となります。

その結果、出来上がったシステムがお客様が思っていたものと違うものとなってしまうことを多々見てきました。これはお客様だけでなく、ベンダーにとっても悲劇です。

クラウドのような簡単に使える開発環境と低いコストで開発できる環境があれば、このような悲劇を少なくすることができるのではないかと考えております。

あとは私のコミュニケーション、英語力にかかっているかも知れません(笑)

しばらくブログの更新頻度が少なくなります。

by operationdesign | 2013-05-09 09:40 | その他
2013年 05月 08日

白物家電、国内で増産

おはようございます。ゴールデンウィークのお休みで久しぶりの投稿となります。その間、ブログランキングの順位は100位以下に下落(笑)今日は市場動向のお話です。

5月8日の日経新聞に電機大手が冷蔵庫や炊飯器などいわゆる白物家電を増産するとの記事が掲載されていました。特に高級白物家電の需要がのびているそうで、4月の家電量販店における炊飯器の販売台数は前年同月比より2%伸び、大型冷蔵庫も7%も伸びているそうです。このような需要の背景には東日本大震災以降自宅で食事をとる内食化が進んでいることが考えられます。

従来、電機大手各社のメインの競争アイテムであったデジタル家電は出荷が減少しているなかで、高度経済成長の三種の神器と言われた白物家電の出荷が伸びているとは、昨今のソニーやパナソニック、シャープなどリストラが進められている中では何か皮肉な感じに思えますね。

この白物家電増産記事に出てきた企業はパナソニック、東芝、三菱電機でしたが、さらにこれ以上の多くの企業が増産に踏み切ると家電量販店では陳列在庫が増え、すぐに競争環境が激化し、また液晶テレビと同じような状況になることが考えられます。

このような同業他社が沢山いる市場の中では、他社よりも先に増産に踏み切っていた企業が市場シェアを独占するケースがよくあります。この場合ですと内食化が進んでいるという情報を得た時点で増産する方針を出せるかどうかですね。

そうなると販売データは何も教えてくれないので、やはり消費者の声や量販店の店頭など、現場で感じることが大切ではないかと改めて思いました。そこには論理はありませんが、、、、


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2013-05-08 11:42 | マーケティング