人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 07日

アップル「iCloud」発表

6月6日にアップルはスティーブジョブズが登場し、新サービスとして「iCloud」を発表しました。このサービスは音楽や写真、文書を無料でデータセンターに保存できるサービスのようです。リンクはこちら

私もiPhoneやiPodを利用していますが、自分のパソコン内にあるiTuneのデータとデバイスデータを同期する仕組みとなっており、これだとパソコンにつながないと最新データが更新されませんよね。デバイスが増えると、どちらのデバイスに最新の音楽や文書が入ってないなんてことがありますから、この不便さを解消する狙いがあると思われます。

メーカーの場合は製品の品質や使い勝手を常に改良していくことが顧客の要望に応えブランド力を高めることにつながります。そのためにモニター調査など顧客の声に優先順位をつけて機能追加の意思決定をする仕組みは顧客志向を考えるには必須に仕組みです。

あと、個人的には住所録データをクラウドに保存し、iPhoneや自宅PC、会社PCなど全てのデバイスのメールソフトデータと同期が取れれば大変便利になるのではないかと思います。ほとんどの人や名刺交換すると、携帯、PCにもそれぞれ登録されていると思います。自宅からメールを送ろうとしたらわからなかったなんてこともあるでしょう、iPadなどのタブレットやスマートフォンが普及するほど、このニーズが高まるのではないでしょうか。

クラウドを使った新ビジネスはバラバラのデータを一つにまとめるところにチャンスがあります。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2011-06-07 08:55 | クラウド、SNS
2011年 06月 06日

ジャパネットの震災支援

今日は日経新聞の電子版にジャパネットたかたの高田社長の震災支援に対する大変興味深い記事がありましたのでご紹介いしたいと思います。

同社でも3月11日の震災後、10日間はテレビ通販を自粛する予定とされていたそうなんですが、社長の考えで5日後には番組を再開することを決められたそうです。ただ従来と同様に再開するのではなく、売上を全額義捐金とすることとされたそうです。

すると10分もしないうちに1500台ものテレビが全て売り切れとなり、その時高田社長は本当の支援とはビジネスを通じた支援であると痛感された書かれておりました。

コトラーのマーケティング3.0によると、消費者はソーシャルネットワークなどの利用によりさらに詳細に企業活動を評価するようになり、もはや需要を創出するだけのマーケティング
、企業活動だけでは消費者からの支持を得ることが困難な時代であり、企業は社会的意義のあるミッションを明示することが求められています。

そのような観点からも見ても事業活動を通じた復興支援は多くの人から支持を得たのだと思います。また、国内では震災をきっかけに企業活動の社会的意義は必須となるでしょう。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2011-06-06 09:29 | マーケティング
2011年 06月 03日

外国人向け医療ツーリズム

日本には外国語が話せるなど外国人向けの医療機関が非常に少ないそうです。
6月3日の新聞には、シンガポールの、ラッフルズ・メディカル・グループという会社がこのような問題に対してサービスを提供するという記事がありました。
リンクはこちら

市場機会は現状サービスの中から供給不足を見つけることありますが、対象となる顧客が日本に高度な検診を目的に旅行される方々ですから高額取引が期待できますし、何よりも困っている人たちの助けとなることも企業の社会的価値を高めることになります。

現代のような成熟した市場の中では非常に有望なマーケットですね。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2011-06-03 09:18 | マーケティング
2011年 06月 01日

シェアビジネス広がる

おはようございます。
本日の日経新聞を見てますと、カーシェアリングなどモノやサービスを共有(シェア)するというビジネスが広がっているという記事がありました。
リンクはこちら
シェアされる商品も多種多様で、自転車から宝飾品やブランドバックなど。または太陽光発電機やビニール傘まであるそうです。

従来シェアするものと言えば車や部屋などの高額なものが中心でしたが、自転車や傘など一般的なものまで広がっていることを考えると所有欲より無駄な消費をしたくないという心理が強く働いているように思えます。

シェアできないかという視点で既存商品やサービスを見ていくと新しいアイデアはまだまだ出てくるように思えます。

また、話は変わりますが、クラウドコンピューティングもある意味、アプリケーションやサーバーをシェアし、月額利用料を払うわけですから同じようなビジネスです。シェアするからコストメリットを得られるわけですが、一方でシェアされてない、ただインターネット経由で利用するだけのシステムでもクラウドコンピューティングだと言って販売しているサービスやコンサルタントも沢山います。

シェアするメリットと同様の視点がクラウドサービス選択時には必要だと思います。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2011-06-01 10:22 | マーケティング