人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 23日

動画共有でVMD効果を狙う

7月23日の日経MJにファーストリテイリングが資本参加したコントワー デ コトニエ の情報投資に関する記事が掲載されていました。ipotのような携帯端末を使い、本部店舗間で動画によるVビジュアル情報を共有することと、店舗にウェブカメラを設置し本部から売場の状況を見えるようにされるそうで、どちらもVMDクオリティの向上を狙いに実施されるようです。

店舗が増えてきた場合、従来のやり方ですとSVなど管理する人を置くことが一般的でしたが、同社の本部メンバーは現在11人で、メンバーの増員なしで、店舗と本部間のコミュニケーションを密にするために今回のやり方を採用されたそうです。

なかなか面白い業務改善事例ですが、少し大変そうだなと思うのは、売場で発生する個々の問題に対して、どこまで具体的な指示を出せるかということだと思います。

今まで出ていた指示がなくなったり、曖昧になったりすると店舗メンバーの本部に対する信頼感にかげりが出てきます。店舗メンバーのモチベーションは本部への信頼度に大きく影響するものです。

逆に考えるとシステム導入により信頼度を増やすことが出来ればモチベーションは向上し、サービスは良くなるということになります。
システム導入はその導入方法や運用体制で現場のやる気が大きく変わります。今回の事例もお店の人がやる気になるような事例もになって欲しいものですね。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2008-07-23 23:49 | マーケティング


<< ユニクロ一人勝ちにみる衣料品小...      ルミネの営業対策 >>