CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 04日

しまむら、梱包材リサイクルで2億円削減

4月4日の日経MJのエコ問題を考えるコーナーにしまむらのハンガーやダンボールなど、梱包材のリサイクルについての記事が掲載されていました。

先日、このブログでアパレルショップのハンガーリサイクルの事例をご紹介しましたが(アパレルショップのエコ対策はハンガー削減から )、今回はリサイクルだけではなく物流コストも同時に削減されているという、さすがしまむらと思える記事でした。

記事によりますと、店でハンガーやダンボールなど納品時の梱包材を分別し物流センターへ返送。物流センターでは専用プレス機により梱包材を圧縮。その後、リサイクル業者へと渡されるそうです。

この専用プレス機には設備投資が必要ですが、今までゴミにしていたものがリサイクル品になることで年間約2億円も削減されたそうです。

前回のブログで、リサイクルが進まない原因は店舗での作業負荷が原因との指摘がありましたが、しまむらさんでは、お得意のマニュアル変更のみで十分対応できたとのことです。

環境対策の前立ちはだかるのは費用負担ですが、この事例のようにコストも同時に削減できれば、業界標準として浸透してくれるのではないかと期待できます。

でも、やっぱり、しまむらはすごいですね。トヨタの改善活動は有名ですが、小売業ではしまむらですね。コストを削減する力は業界一ではないでしょうか。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-04-04 23:15 | その他


<< ビームスがデザイン重視の文具発売      ユニクロ、1兆円に向け中国工場を確保 >>