人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 29日

バイヤー増強は衣料品改革?

2月28日の日経新聞に高島屋とミレニアムリテイリング(西武百貨店とそごう)の百貨店が衣料品のてこ入れを行うとの記事が掲載されていました。先日、2007年の百貨店売上が11年連続で減少していることが報道されていましたが、それに引きずられるように大手2社の衣料品対策が引っ張り出された格好となりました。

まず高島屋さんは顧客情報システムを刷新するとのことで、一方ミレニアムリテイリングは、店舗発注を増やすためにバイヤーを店舗に配置し、発注できる権限のある店舗スタッフを大幅増員されるそうで、狙いはお店固有の品揃えを強化だそうです。

百貨店の衣料品にとっての最大の競争相手は、同じフロアーにあるワールドやサンエーインターナショナルなどのショップだと思うのですが、彼らはメーカーなので商品の企画から行っておられますので、売れない在庫を抱えるリスクは仕入れ中心の百貨店より高いはずです。

しかし、11年連続で売上が減少し続けていることを考えると、支持されているのはメーカー系のショップがもつ企画力やブランドイメージのようです。

そのような環境で、さらに臨機応変な品揃え、売れ筋の短期集荷など、を強化されるということは、自社の強みにより磨きをかけるということではないかと思います。一方、百貨店ではありませんが、イオンなどはこれとは逆に自社の衣料品売場をSPA化を勧められており、課題は同じでもやり方は正反対だということですね。

さて、結果はどうなることか、新聞を読むだけでもまだまだ勉強できるところはありそうです。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することとを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2008-02-29 10:54 | マーケティング


<< 顧客を巻き込んだPB開発      ブログ活用で全員参加型のBPR >>