人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 26日

バイヤーの情報活用には難あり

 今日の投稿はIT系のウェブサイトからのシステム導入事例からです。その事例はといいますと、GMSになるのですがイズミヤさんで、事例のソリューションはビジネスインテリジェンスです。
 (イズミヤ、新BIツール導入、バイヤーの情報活用徹底が狙い )

 ビジネスインテリジェンスとは、データマイニングやOLAPなどといわれている情報ツールを使った大量データを分析するITベンダーのソリューションの総称であり、発注や在庫管理などの業務システムとは違い、情報活用ソリューションなのでMDや出店などの経営活動に活かせるのではないかと、経営者層や経営企画スタッフの方々には大変関心の高いソリューションでもあります。

イズミヤでは、バイヤーが毎週月曜日に月間の売上や仕入、在庫の予測値を算出されているそうなんですが、これがバイヤーの業務に大きな負担となっていたそうで、月曜日9時の会議に間に合わすために早朝6時から出勤しているバイヤーもおいたそうです。

この予測作業をBIでは最も有名なビジネスオブジェクト社のツールを導入することで、スピードメーターの針をパソコン上で動かすだけで実現できるようにされたそうです。この予測作業が簡単になったことでバイヤーのシステムに対する抵抗感がなくなり、情報活用がさらに進むと期待されているようです。

記事を見て正直思ったのは、そのような業務をバイヤーがする必要があるのか?ということです。実際どういった作業をされているのか詳細は分かりませんが、小売業なら月間の売上、仕入、在庫予算を週間で修正しているのはどこでもされているマネジメント手法で、本来ならそのようなルーチンワーク(間接業務)はラインスタッフが行うのがチェーンストア経営のあるべき形です。

また、何度かこのブログでも出てきましたが、ドラッガーが言った言葉に「しなくても良いことを効率的に行うことほど無駄なことはない」という名言があります。バイヤー業務と一口に言っても、アパレルと日用品では全く仕事内容が違いますし、このような売上予測業務をやることが一概に間違いであるとは言えませんが、やはりバイヤーの仕事こそが小売業が社会に対して付加価値を提供できる活動の最も重要な一つでもあります。

大手企業になればなるほど管理システムができてしまい、雑務が多くなるということだと思いますが、やはり、バイヤーさんには商品の品質を高める業務に集中していただきたいものです。



最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックすると1票入ります。皆さん!ご声援をお願いします ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2007-11-26 23:13 | IT活用


<< メーカー値上げに対抗、PB商品値下げ      コスト削減に役立つ、電子チラシ!? >>