人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 17日

運用ルールの作成

仕事の道具箱シリーズも3回目となります。

前回までで
 ①業務フロー作成による現状調査
 ②システムの検証方法
 を説明しました。
 この二つを実施することで新しい業務プロセスが出来上がります

私はパッケージソフト導入時にはこれだけでは不十分だと考えています。

なぜか?
エンドユーザーにとっては、業務フローだけではピンとこないからです。

そこで私は運用ルールというものを作成します。

ここでいう運用ルールとは何かというと
処理伝票(受注票や発注書など)ごとに処理手順を箇条書きで書いたものです。

やはりユーザーさんは箇条書きのほうが数段理解が深まるのです

このときのポイントは、
 ★時間軸を意識するということ
 ★エンドユーザーの作業処理単位にあわして書くこと

作業が終わると伝票ごとの作業項目が箇条書きに列挙されます
この作業項目を見るだけで、エンドユーザーは仕事を進めることができますし、
システム導入前段階での新しいプロセスの検証が可能になるのです。


  

by operationdesign | 2006-01-17 21:25 | IT活用


<< データ項目の決定       ソフトウェアの検証作業 >>