人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 16日

ソフトウェアの検証作業

前回、私独自の業務フローを作成しての企業の現状業務の調査方法を紹介しました。

次にやることは、ソフトウェアの検証です。
現状業務と顧客の要求事項が表現できるかという調査です。

この時点で導入すべきソフトウェアは2、3に絞られています。
私はこれらのソフトウェアのサンプル版を活用して検証します。

まず、最低限必要なマスタデータを入力し、作成した業務フローごとに
顧客の要求事項が実現可能かどうかを検証します。

そして、最も適しているソフトウェアを選択し、お客さんにご購入を提案します。

お客さんがソフトウェア購入後、テスト環境が構築されますので、
その後、今度は各担当者の方と一緒にソフトウェアの検証を行います。
この作業は操作を覚えてもらう目的もありますので、実際に操作する人が
参加する必要があります。

私の役割としては、
要求が実現できないプロセス(ギャップ部分)を記述し、代替案を考えます。

そのギャップを代替案を業務フローに表現します。

これが新しいプロセスになります。


原則、ソフトウェアにカスタマイジングはできないので、
ギャップ部分は社内のルールを作り、ギャップをうめていくわけです

by operationdesign | 2006-01-16 21:33 | IT活用


<< 運用ルールの作成      現状の調査(業務フローの作成)  >>