人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 26日

ファミリーマート、気象情報と売れ筋の因果関係作り

皆さん、こんにちわ。このブログは小売業で働く方やその業界に関連する方々に日経ニュースを役立つ情報にしてもらうことを目的に運営しております。どうぞよろしくお願いします。

【昨日・今日の業界ニュース】
●イオン、郵政公社と提携強化・ギフト配送の委託拡大

【コラム】
消費を左右するには景気より天気と言ったのはダイエー創業者の故中内さんですが、小売業なら業態に関わらず天候は売上に大きく影響します。9月26日に日経MJの拝見IT活用法に、天候情報をITで活用しようと試みられているコンビニ、ファミリーマートの事例が掲載されていましたので、紹介したいと思います。

同社では1日2回、SVに当日の気象情報をメール送られるそうで、SVは天気に合わせて各店の仕入担当者に品揃えや発注量を相談するそうです。メールは発注締め切り2時間前にとんでくる設定がされているそうで、実行モレを防止するには良い活用方法かもしれませんが、意識の高いコンビニオーナーなら、電子メールやSVの指示に頼ることなく、新聞を見た瞬間に対策を取られている方も多いのではないかと思います。

電子メールで気象情報を送ること自体はあまり珍しい事例ではありませんが、同社が取り組まれているのは、気温の売れ筋の因果関係の調査で、例えば「気温が29度以上になると茶系飲料の売上が伸び、32度を超えるとミネラルウォーターが売れる」ことや「缶コーヒーは26度を越えるととたんに売れなくなる」ことや、おにぎりでは、気温が上昇すると梅味が売れ、下がるととシーチキンマヨネーズなどこってりしたものが売れるなどです。

これはは経験に基づくノウハウですが、同社では気象情報との科学的な関係を見つけ、現在は気象情報だけのメール発信ですが、これを今後、何をどのくらい増やせばよいかというメールを発信することも検討されているそうです。

個々までくればナレッジマネジメントになると思いますが、「こうすれば売れる」という法則を全店舗で共有できる日も近いのかも知れません




最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。応援お願いします。↓

  クリックお願いします  


このブログはオペレーションデザインが運営しております



by operationdesign | 2006-09-26 12:57 | IT活用


<< ユニー、料理サイトと売場を連動し販売      西松屋チェーンの小商圏での生き... >>