人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 28日

ICタグ管理、靴に続いてジーンズ

【昨日・今日の業界ニュース】
●丸紅、ダイエー支援の横断組織を廃止
●コナカとフタタ、仕入れ一本化を11月に前倒し

【コラム】
皆さん、こんにちわ。最近、忙しさにかまけ、ブログの更新頻度が以前より低下しており、毎日お読み頂いていたかたにはご迷惑をおかけしております(^_^;) これからも出来るだけ更新していきますので、引き続きよろしくお願いします

さて本題ですが、8月28日の日経MJに現在、靴売場でICタグを活用して接客や在庫管理の効率アップの実験に取り組まれている百貨店、三越がICタグの導入範囲を靴売場だけでなく、高級ジーンズ売場まだ拡大するとの記事がありました。

私もそうですが、ICタグを接客に活用と聞いてもと、いまいちピンとこないのですが、お客さんが商品をセンサーにかざせば、サイズ違いの在庫の有無か即座に分かるメリットがあるということらしいです。

今回新たにICタグが導入されるジーンズもそうですが、サイズ違いが即座に分かることや、リアルタイムに全店舗の在庫が一覧表示でき、バイヤーの効率的な発注に役立つとの期待をされています。

この記事を見て、生意気にも少し批判的なことをあえて言わせて頂きますと
◆サイズ違い在庫はICタグがなくても販売員に聞いても分かります。
◆リアルタイムに在庫がわかってもバイヤーが発注するのは翌日の朝だったりしますので、翌日の朝に正しい在庫が出ていれば良いと思われ、効果はあまりありません

この2点がICタグを売場で活用することにメリットを感じない点でもありますが、しかし、今回の記事で面白い活用方法が1点ありました。それは試着した回数が分かるというものです。試着したり、お客様が触ったけれども購入にいたらなかったというデータが分析できるなら、販売につながる対策や不振在庫の早期発見に役立つのではないかと思います。

いずれにしろ、ICタグを売場で使うのはまだまだ実験段階であり、どういう場面で役立つのかを想定する必要がありそうです。



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。応援お願いします。↓

  クリックお願いします  


このブログはオペレーションデザインが運営しております



by operationdesign | 2006-08-28 08:39 | IT活用


<< ダイエー再建にパートナー探し      ファッションアパレルの需要予測... >>