人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 11日

ビックデータ活用の新サービス

こんにちわ。最近、新聞紙上に良く出てくるビックデータのお話です。
4月11日の日経新聞には2カ所にビックデータに関する記事が掲載されています。

一つ目は一面ですが、行政が持っているような道路交通情報や要介護者の地域別の情報などを民間に公開することで現状のサービスよりもより精度の高い、きめ細かいサービスを生み出し、新産業を創出しようという試みに関する記事。
もう一つは、凸版印刷さんが小売業からPOSや顧客データをもらい、そのデータをネット上のつぶやきなどのソーシャルメディア情報や天候や気温などの情報を組み合わせ、分析した上で品揃えや販促物の改善提案を行っていくという記事です。

最近このビックデータという記事がやたらと新聞で目にすることが増えてるように思います。確かにソーシャルメディアなど個人が情報発信する機会が急増しておりその情報と個人の属性情報と購買履歴情報を組みああわせると有益なマーケティング情報として活用できそうな気にはなるのですが、どうもすこし釈然としないのです。

ビックデータの記事はベンダー企業の新サービスとしてのプレスリリースによる記事がほとんどです。ですから、顧客の問題や不便さを解決するために考えられたサービスであると感じられないためそこに戦略的意図を見ることができないように思えます。その結果、記事の内容は抽象的なものが多くなるんでしょうね。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2013-04-11 14:43 | クラウド、SNS


<< 脱パソコン待ったなし      ヤフーがスマホ使いチケット事業参入 >>