人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 02日

ホテルのデイユース、女性がメイン顧客

おはようございます。
市場が飽和状態で同業他社間の競争が激しくなると顧客セグメントはより細分化されていきます。

例えば従来であれば年齢や住所などの属性情報(デモグラフィック)だけでとらえていた顧客グループを20代男性のレジャー用などの用途でグルーピングし商品やサービス開発または売り場作りを考える必要に迫られます。

しかしその用途を把握するには顧客に聞いてみる以外の方法はなく、なかなか顧客のニーズとマッチングしないことも多くあります。そのような事例が4月2日の日経新聞の消費欄に掲載されていました。

都心のホテルがデイユースプラン、午後12時〜18時まで部屋を4000円〜6000円程度で利用できるサービス、を提供したところ、予想に反して半数以上の利用者が女性の会社員の方だそうです。

私はオフィス以外で仕事するときは電源のある喫茶店かネットカフェで行います。記事によりますと女性はこのようなネットカフェで一人で仕事することに抵抗があるのではないか、ということと家では夫と子供の世話をしているので自分の空間が欲しいという願望が強いのではないかということが書かれておりました。

どういう用途、目的でサービスが利用されているは予測しにくいものんですね。しかしどのような方が利用されているかが分かるだけでも次のプロモーションを効果的に行うことができるので顧客セグメントが細分化されていっても属性による管理はまだまだ必要です。


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2013-04-02 09:39 | マーケティング


<< 転機の教育サービスビジネス      YahooとNHNジャパンの連携 >>