人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 26日

外食大手、ファミレス縮小 

こんにちわ。今日は市場セグメントとポジショニングについてです。

5月26日の日経新聞に、ファミリーレストランなど外食チェーンがファミレス業態を縮小しステーキなど専門店の出店を増やすとの記事が掲載されていました。
記事はこちら

今の国内のように市場全体の伸びが期待できないマーケットでは、過去の市場成長時に主となっていた総合的な店(この場合はファミリーレストランという業態)では、同業他社の同じようなお店との価格競争となり、成長が期待できなくなることはよくあることです。
このようなとき選択されるのは、顧客や顧客の用途により市場を細分化する戦略(この場合だとステーキ専門店)です。

顧客を絞り込むという戦略は、従来はファミリー、つまり老若男女をターゲットにしていたものをステーキ好きの人に絞るわけですから、一見すると客数が減少するだけのように思えます。
実際、そのようなケースも多々あるのですが、、、

しかし同業他社との差別化を図るためには必要なことで、客層は絞るが商圏を広げ客数を増加させるというような入念なマーケティングミックスの戦略が必要です。

アップルのスティーブジョブズは、iPhoneやiPadに従来パソコンにあった機能をなくすことで顧客にわかりやすさを提供したと言っています。

セグメンテーションとポジショニングとは長期間の準備作業とトップの勇気のいる作業です。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。


by operationdesign | 2011-05-26 17:30 | マーケティング


<< 夏の旅、長期滞在型が充実      トヨタ自動車、クルマ向けSNS... >>