人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 19日

紫外線対策でコラボ

おはようございます、上嶌です。今日は企業間コラボのお話です。

私が小売業出身のため、どうしても小売業的な話になりがちですが、小売業は商品集積型ビジネスといわれることがあります。これはどういう意味かと申しますと、商品を揃えることでバリューを生むビジネスであるということです。

お客さんにとって選択肢がある中で商品を選べることはニーズにあったものを選べるという価値がありますし、まとめて購入することができる便利さもあるということです。

単品だけだと価値は少ないですが、何かと組み合わせることでバリューが生まれるというのは良くある話です。

まだあまり事例がありませんが、企業間でこのようなサービスが提供されればバリューを生み出すチャンスは多くあるように思えます。

4月19日の日経MJにそのような取り組みの記事が掲載されていました。資生堂とファストリテイリングが紫外線防止商品に関して共同販促するというもので、ユニクロ店舗で資生堂商品のポップをつけたり、ユニクロの紫外線防止商品を購入したお客さんに資生堂のサンプルを提供するような取り組みをされるそうです。

マーケティングの視点から見ると、両社とも既存商品で新市場を開拓することが狙いなんですが、顧客視点でみると、紫外線対策をしたいという顧客要望は共通です。

共通の顧客要望をもつ業種が違う企業はパートナーとなりうる可能性があり、より付加価値の高いサービスが提供できる可能性もありますね。


最後までお読み頂きありがとうございます。応援(1クリック)よろしくお願いします


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2010-04-19 10:22 | マーケティング


<< 顧客の声で短いねぎ開発      客離れの原因は接客 >>