人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 29日

IKEA、値下げ品拡大の狙い

おはようございます、上嶌です。今日は、業績好調だが値下げされる企業のお話です。

7月29日にIKEAの日本法人の売上が前年比で44%増加しているという記事が掲載されていました。同社は現在、国内に5店舗をお持ちで、2008年に神戸と大阪、埼玉と3店舗開業されたことから売上高が前年を大幅に上回る結果となられたようです。数字は発表されていませんでしたが、既存店も前年実績を上回っていると発表されていました。

そしてこれは先日同社がプレスリリースされていましたが、8月1日より約1450品目を平均25%値下げされるそうです。

現在、大手小売業は業績低迷から販売価格を下げる方向を模索されている企業が多いですが、業績好調な企業が値下げされるのは少し珍しいように思えます。

さらなるシェアの拡大が狙いだと思いますが、ウォルマートの成長過程もそうでしたが、価格設定は同業他社や情勢をあまり考慮せずどんどん値下をされ競争上の優位性がどんどん高まっていった記憶があります。

業界全体が右に習え的に同じような施策に取り組むというのは日本特有なのかもしれませんし、欧米各社は顧客の利益だけを優先されているのかもしれません。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2009-07-29 08:41 | マーケティング


<< セシルマクビーがショ袋を刷新      ファッションチェーンのネット通販事情 >>