人気ブログランキング |

CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 17日

前倒しバーゲンの影響

おはようございます、上嶌です。
投稿が2日程度空いてしまいましたが、今日はバーゲンが前倒しになった結果のお話です。

7月17日の日経MJに百貨店各社が今から夏物新作を相次いで投入するという記事がありました。これは、例年よりの前倒ししたバーゲンにより今もバーゲン品が多数売場に残ってしまい、お客さんの反応が悪くなってしまったことへの対応だそうです。

アパレルメーカーが夏物新作を作る余力を残していることも背景にあるようですが、百貨店各社は8月いっぱいくらいまで夏物を販売される模様です。

私自身はこれからまだ暑くなるような時期から秋物を販売するのはどうかと以前から思っていましたので、夏最盛期に夏物を販売することには賛成なんですが、でも夏物処分とうたったバーゲンは何だったの?ってお客さんに思われないかが少し心配になります。

結局、夏物処分と言ってもバーゲン価格で販売される商品と定価販売される商品は別物だってことを明言しているようなもんですよね。でも、今のお客さんはそういった事情もご存知の方が多いかもしれませんが、、、、

結局、メーカー仕入れに頼っている小売である以上、夏物をいつまで販売できるかはメーカーがどこまで売り残りリスクをとるかにかかってきます。これに頼らざるを得ないというのが悲しい現実ではないかと思います。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  


by operationdesign | 2009-07-17 08:35 | マーケティング


<< ビッキーも中国市場を開拓      余談:中小企業のIT相談 >>