<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

組織の成立要件

おはようございます。今日で6月が終わり、関東方面では15%の節電対策がいよいよ明日からスタートします。すでに真夏のような暑さですが、、、
今日の新聞にも節電対策として休日の変更や残業削減、サマータイムなど様々な企業の取り組みが紹介されていました。
その中で面白い記事がありました。

節電対策により在宅勤務が多くの企業の間で広がっているそうなんですが、米国の経営学者、チェスター・バートナーさんという方が定義された組織が成立する3つの要件があるそうです。

それは
①共通の目的
②協働意欲
③コミュニケーション

この3つがそろえば分散型労働形態でも集団としての能力を発揮できるそうです。
インフラ的な観点から見ますと、現在のインターネットを活用した職場環境から考えるとこの3つの要件を満たすことは非常に簡単だと思います。

しかし、目的の共有や協働意欲などは通信環境などの問題ではなく経営理念、会社風土上の課題です。
裏を返すと、毎日顔を合わせて仕事をしていても経営の目的や理念を共有していなければ組織としての要件を満たしていないということになりますね。




お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-30 09:27 | 経営者、経営戦略
2011年 06月 29日

スマホ向けアプリ作成支援サービス米で続々

本日の日経新聞に米国のシリコンバレーではスマートフォン向けのアプリケーションんを開発提供している2社のベンチャー企業が紹介されていました。
リンク

どのようなアプリケーションかと言いますと、一つはパソコン用ホームページをスマートフォン用に自動変換すいるものとブラウザだけでスマートフォン用のホームページが作成できるというものだそうです。

二つのサービスに共通しているのはある一定の使用量までは無料であるということです。この業界で無料サービスのはしりはグーグルですが、無料が当たり前になりつつあります。特にベンチャーなど新しいサービスは有料だとがっかりされるような消費者感覚すらあります。システムを受託開発している業者にとってはますますビジネスモデルの転換が必要に迫られる世の中となりそうです。

またグーグルやセールスフォースなどのクラウドサービス同様、これらのサービスも英語だけでなく日本語でも利用可能になるそうで、iPhoneアプリしかり国境を超えてアプリケーションを使うことが当たり前となりそうです。世界中の人と同じアプリを使うほうがコストメリットは得れますよね。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-29 13:17 | クラウド、SNS
2011年 06月 24日

高齢者向けの美容サービス

6月24日の日経新聞に資生堂さんが高齢者施設向けにお化粧による療法プログラムを提供するという記事が掲載されていました。
リンク

普通、施設に入られているような高齢者の方がお化粧をしたいというニーズがあるとは思いもつきませんので、また潜在需要の掘り起し戦略で優れたマーケティング手法だなと感心致します。

しかし、目的は化粧することではなく、お化粧や顔のマッサージを通じて脳の働きを活性化するというプログラムのようです。

製品やサービスを購入する理由をバリュープロポジションと言いますが、化粧品がまつ映しくなりたいというバリュープロポジションから脳を活性化するというバリュープロポジションへの転換。

同じ商品やサービスを活用しても新しいマーケットは生まれるという見本ですね。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-24 09:41 | マーケティング
2011年 06月 21日

グーグル、大英図書館25万冊の蔵書を電子化

本日の日経新聞に写真をデータセンターにアップしてウェブから見られるアルバムのクラウドサービスの記事がありました。
写真を撮影するだけの方もいらっしゃるかも知れませんが、多くの方はとった写真をだれかに見せると楽しく感じるもので、共有することが価値が高まるデータであると言えます。またデータ量の重さからデータセンターを利用するクラウドビジネスとしては適していると思われます。facebookでもみんなが共有しているのは主に写真ですし、遠く離れた人の近況なんかも分かりやすいですよね。

写真のデバイスと言えば、カメラですが、このカメラにwi-fiなどの通信機能が搭載され、映すと同時にデータセンターに格納されれれば大きな市場も生まれるんではないかと思います。

一方、写真ではありませんが、本をクラウド化するお話です。

グーグルが本をデジタル化し検索可能なデータにしていっていることとそれに伴い著作権侵害などで係争に発展していることは多くの方が承知ことと思います。

しかしながらそのような状況においてもさらに大英図書館の25万冊を電子化するという記事がありました。
リンク

裁判中にも関わらず書籍の電子化を進めるこのグーグルのパワーは何なんでしょうね。

写真と同様、本の中身が検索されると大変便利ですね。頑張ってもらいたいものです。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-21 08:44 | クラウド、SNS
2011年 06月 17日

カルビー、米で飲食店事業参入 の背景は、、、

6月17日の日経新聞にカルビーさんのマーケティングレベルの高さを伺える記事が掲載されていました。
リンク

同社のポテトチップなど菓子事業が米国内での認知度の低さからあまり大きな事業になってないために、その認知度を高める作戦として玉ねぎやポテトチップなど同社の製品を販売する店舗を商業施設に出店されるそうです。認知度を高める目的にしては大きな投資で年間100から200店舗、出店し、2018年には400店舗もの展開を考えておられるとのこと。

店舗の特徴は、従来のスナック菓子のイメージと異なり健康イメージをだし、メインターゲットは20代~40代の女性だそうです。

スナック菓子を購入する方は多分、10代、20代でそれも男性が多いように思いますが、このゾーンとは全く異なるゾーンに対して、それも400店舗も出店するとは大変大きな英断だと言えます。

推測ですが、マーケティング発想のシナリオとしては
○顧客データからスナック菓子の購入者は20代以上の女性の比率が少ないことがわかる
○20代以上の女性が健康志向が強いと仮説を立てる
○アンケートなどからスナック菓子に対する間違った情報を持たれていることがわかる
○だから20代~40代女性に大きな潜在需要があることがわかった
という流れではないでしょうか。

CRMなどでデータが取れるようになっても現状データを否定して考えないと潜在需要は見つからないですね。また見つけたとしても本当に潜在需要があるのかどうかはやってみないとわからないですね。カルビーさん、さすがです。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-17 09:59 | マーケティング
2011年 06月 16日

富士通、SASのサービスをクラウドで提供

6月16日の日経新聞に富士通さんが需要予測やデータ解析ソフトのSASを提携するとの記事が掲載されていました。
リンク

SASさんはビジネスインテリジェンス分野では、分析の領域を超えて予測に強みを持ったコンサルティングサービスまで提供する企業として業界では広く認知されている企業です。
その同社が開発したソフトウェアがクラウドサービスで利用できるとなると非常に魅力的なサービスに思え、大企業向けの市場に多くのニーズがあるように思えます。

「簡単に売上予測をしたい」「使いやすいソフトが欲しい」「安い分析ソフトが欲しい」など顧客の意見やニーズは列挙された具体的な事象です。
それを抽象化してとらえることを構造化ピラミッドというのを以前、グロービスのセミナーで聞いたことがあります。

今回の記事から学べるには、まさにこのような顧客の要望を抽象化したアイデアではないかと思います。

抽象化するとアイデアは自分達のキャパシティを超えたアイデアとなり、そうなると協業という選択肢が生まれるというプロセスになるのではないでしょうか。

クラウドを構造化ピラミッドで考えるとまだまだ新しいアイデアが出てきそうです。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-16 09:19 | クラウド、SNS
2011年 06月 15日

イオン、アジアでショッピングセンター倍増へ

6月15日の日経新聞にイオンが中国、マレーシア、ベトナムへの新規出店数を増加するとの記事が掲載されていました。
現在、同エリアには23店舗あるそうなんですが、これを2013年までに50店舗まで増加させるそうです。

1年あたり15店舗ほど出店するわけですが、国内の出店数は年3~5店舗なので同社のアジア地域への力の入り方がうかがえます。

小売業にとって、出店地域を選ぶことは最も重要な戦略の一つであり、お店の売上は立地によりほぼ決まると言っても過言ではありません。

そのため、多くの小売業では出店地域の人口や消費傾向など大変多くのことを調べてから出店地域を決めるわけですが、イオンでは海外市場の調査も可能となっていることが言えます。

これは日本国内の同業他社と比較すると優位性となるものではないかと思います。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-15 09:10 | マーケティング
2011年 06月 09日

フェイスブックでクーポン提供サービス

8月8日の日経新聞にSNS大手のfacebookがファミリーマートやユナイテッドアローズなどで利用できるクーポンを提供するサービスを開始するとの記事がありました。
リンク

facebookをご利用されてる人にしかわからないかもしれませんが、facebookのスポット機能を利用すると現在地の近くの店舗や駅、病院などの施設が表示されます。そこの店舗にチェックインとするとクーポンがもらえるというサービスだそうです。

クーポン提供企業から見ると、facebookは実名で登録されていることが多いので、正確な顧客情報が取得できるという点と友達に紹介する機能があるので、横への普及効果も見込むことができます。

一方利用者側のメリットですが、各企業のホームページに入りクーポンを入手するのは正直面倒くさいですから、自分が今いるところのお店にクーポンだけ表示してくれたらクーポンの利用確度は間違いなくあがると思われます。

またそうなるとクーポン提供側もプロモーションもエリアを絞って広告を打つことができるようになるのではないでしょうか。そうなると広告にレスポンス率、効率は高くなることは間違いないでしょう。

また課題としては、まだクーポン提供者が14社しかないこです。しかしfacebookの利用者が急増していることを考えると、こちらも急速に増えることと思います。

企業にとっても利用者にとってもより便利になりそうな気がするサービスです。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-09 08:47 | マーケティング
2011年 06月 08日

富士通、クラウドサービス海外で展開

昨日のアップルの話に続いてクラウドの記事からです。
6月8日の日経新聞に富士通さんがマイクロソフトと連携しクラウドサービスを海外も含めて展開していくとの記事がありました。
リンク

震災以降、クラウドの記事がより多く見かけるようになりましたが、記事の概要としては、富士通のデータセンターにマイクロソフトのクラウドサービスを提供できるプラットフォームを使いアプリケーションを作りサービスを提供するというものです。コストメリットとしては1サーバーあたり1時間5円で自社でサーバーもつ場合より3割削減できるとのことです。そして5年で5千社以上の契約を目指されているそうです。

具体的なアプリケーションの名前がないので、顧客の要望に応じてマイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」上で作るというやり方なんでしょう。

そもそもクラウドはサーバーだけでなく、メールやスケジュールなど同じアプリケーションをみんなで共有することでコストが安くなるというもの。自社専用に作りこむのであれば開発費は発生しますし、逆に言うと開発費が発生しないとベンダーは収益が少なくなってしまうので、狙いはクラウドアプリの受託開発ではないかと推測できます。

ですから3割のコスト削減ができるかどうかは分かりません。また1時間当たり5円と言われても安いのかどうかも分かりません。

また5年で5000社の契約を目標にされてますが、これだけの数の契約を取るには、既存システムからのこのサービスへの乗り換え提案がほとんどとなってくると思われます。
つまりお客さんにとってはスウィッチングコストが発生するわけですが、スウィッチングコストは金銭的な費用だけではなく、新しいものに対する抵抗や面倒くささなど心理的要因も大きな壁となります。

この壁を乗り越えるには、便利さや低価格など具体的なメリットの提示しないとお客さんはスウィッチしてくれません。マイクロソフトを組んでクラウドサービスを提供しますだけではまだまだスウィッチングコストの壁は高いように思えます。




お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-08 09:25 | クラウド、SNS
2011年 06月 08日

ディズニーリゾート、45歳以上割引

おはようございます。
本日の日経にディズニーランドとディズニーシ―が震災の影響による客足減少の回復策として45歳以上の人を対象とした割引チケットを発売するという記事が掲載されていました。
リンク

45歳以上の人たちだけで、ディズニーランドを訪れる人って沢山いるんでしょうか? 多分いないですねよ。
というとは45歳以上で来援される方はほとんどが家族連れのはずで、そうだとすると45歳以上だけ割引してもあまりお得感はありません。

推測ですが、20代、30代の客足は減少しておらず、40代以上が特に減少しているんでしょうね。

顧客データは年齢や地域などのデモグラフィック変数だけでは判断できず、ライフスタイルやTPOの切り口で分析することが必要だと感じます。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-06-08 08:57 | マーケティング