CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

米アマゾン、出版に本格進出

おはようございます。
本日の日経新聞の米アマゾンドットコムが出版事業と図書館貸出サービスに進出するとの記事がありました。
リンクはこちら

出版事業はすでに多くの出版社が存在する既存市場への参入ですが、ネット販売企業であるアマゾンが図書館貸出サービスとはどんなものなのでしょうか?

記事によりますと、全米1万1000か所以上の図書館で同社が発売している電子書籍デバイス、キンドルで読むことができる電子書籍を借りることができるというもの。
ユーザーは地元図書館のサイトにアクセスしそこからキンドル向け電子書籍を借りることができるようです。

まず、電子書籍を借りるということ自体が市場にはないサービスであり、図書館に行かなくても電子書籍が借りることができるのであれば、ユーザーにとっては便利さを得ることができます。そのため実店舗の販売にさらに大きな影響を与えることは間違いありません。ちなみに、米国大手書籍チェーンで、店内でくつろげるという大型書籍店の先駆け的存在でった「バーンズアンドノーブル」はまだ身売り先を探し中です。

そして、もう1点注目すべきなのは、1万1000か所以上の図書館の貸し出し電子書籍がキンドル向けであるということです。

日本で読書用デバイスと言うとiPadしかないですよね。米国の図書館でキンドルしか利用できないのであれば、キンドル利用者が増えるかもしれないですね。

いずれにしろ、図書館の電子書籍貸出サービスというマーケットは新しく創造されたものですが、デバイス間競争の一幕でしかないように思えます。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-30 10:48 | マーケティング
2011年 05月 27日

夏の旅、長期滞在型が充実

コトラーのマーケティング戦略によると、市場機会は
①品不足
②新製品、サービスの提供
③新しい方法による既存サービスの提供 
と書いてあります。②と③は時間とお金がかかりますが、①は②、③と比べるとそうでもありません。
そう考えるとマーケティング担当者は①に多くの時間を費やしたほうが効率的に成果を上げやすいということが言えます。

品不足は、需要の変化により生まれますので、変化を予測し取り込むことで成果を上げることができます。
今年の場合だと節電に関連する新たな需要とそれを取り込むサービスが沢山目につきます。

本日の日経新聞には、旅行会社各社が今夏の旅行プランは節電対策による休暇の長期化が予測されることから、体験などの長期滞在型のプランを増やされているという記事が掲載されていました。

旅行会社だけでなくサービス業も含めた観光産業全体に色々な新しいアイデアが生まれる可能性があるのではないでしょうか。

しかし、長期滞在型旅行プランはすでに大手旅行会社6社がすでにプランを発表しており、その時点で需要発見とともに競争状態にも突入してしまってます。これは大変な市場ですね。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-27 09:10 | マーケティング
2011年 05月 26日

外食大手、ファミレス縮小 

こんにちわ。今日は市場セグメントとポジショニングについてです。

5月26日の日経新聞に、ファミリーレストランなど外食チェーンがファミレス業態を縮小しステーキなど専門店の出店を増やすとの記事が掲載されていました。
記事はこちら

今の国内のように市場全体の伸びが期待できないマーケットでは、過去の市場成長時に主となっていた総合的な店(この場合はファミリーレストランという業態)では、同業他社の同じようなお店との価格競争となり、成長が期待できなくなることはよくあることです。
このようなとき選択されるのは、顧客や顧客の用途により市場を細分化する戦略(この場合だとステーキ専門店)です。

顧客を絞り込むという戦略は、従来はファミリー、つまり老若男女をターゲットにしていたものをステーキ好きの人に絞るわけですから、一見すると客数が減少するだけのように思えます。
実際、そのようなケースも多々あるのですが、、、

しかし同業他社との差別化を図るためには必要なことで、客層は絞るが商圏を広げ客数を増加させるというような入念なマーケティングミックスの戦略が必要です。

アップルのスティーブジョブズは、iPhoneやiPadに従来パソコンにあった機能をなくすことで顧客にわかりやすさを提供したと言っています。

セグメンテーションとポジショニングとは長期間の準備作業とトップの勇気のいる作業です。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-26 17:30 | マーケティング
2011年 05月 24日

トヨタ自動車、クルマ向けSNS開発でセールスフォースと提携

昨日、ブログに投稿しましたが、昨日の共同記者会見を見ました。
記事はこちら

簡単に概要を書きますと
●トヨタが顧客、販売店、メーカー、そして車をつなげるソーシャルネットワークの構築に着手する
●SNSのプラットフォームとしてSalesforceのChatterが選ばれ、両者が共同出資した会社で行う
●SNSはトヨタフレンドという名前で電池残量の警告や修理予約、オンライン点検などサービスだけでなく、
 友達とも「つながる」ことができるサービス。

昨日も疑問に思っていたのですが、「トヨタはなぜ国内ベンダーではなくSalesforce.comを選んだのか?」という点です。
これに対して豊田社長のインタビューの中で回答されていました。

豊田社長は、Salesforce.com CEOのマークベニオフ氏から同社の企業内SNSサービス Chatterのデモを見て、ご自身が考えていたことと一致していたそうで、また世界各地で同時で進められているプロジェクトの進捗状況がハワイにいながらリアルタイムで把握できることに大変感動されたということらしいです。

また、車を一つのデバイスと考えSNSに入れるというアイデアはマークベニオフ氏による提案のようですし、やはりプレゼン力によるところは大きな決定要因だと言えます。
顧客が抱えている問題に対して具体的なイメージを提示されたということなんでしょうね。

最後に豊田社長のインタビューの中で印象に残ったのが、「利益の追求より良い車作り。良い車作りは顧客に笑顔を与え、良い家庭、社会づくりに貢献する」という言葉で、このブログのテーマでもある顧客志向に対する思いがこの業務提携の根幹にあると感じ、すこしエキサイティングしました。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-24 10:28 | クラウド、SNS
2011年 05月 24日

イオン、家庭の節電に「WAON」ポイント付与 

おはようございます。昨日の投稿に節電対策用の新製品やサービスの記事が最近多く、市場機会があるとの書きましたが、本日もそれに関連したニュースを見つけました。
今日の分や少し視点を変えて小売業からの新サービスです。

5月24日の日経新聞に昨年より電気使用量を15%以上削減した人は、その領収書をイオンに持参すればポイントをもらえるというものでした。
もちろん、お客さんに来店して頂くことが目的ですが、面白いのは同社では節電対策商品を5000品目もそろえているという点でした。
リンクはこちら

物を作っていない小売業の場合、付加価値となるのは、多くのメーカーの製品の中から選択できるということで、この品揃えを戦略的に行うことをマーチャンダイジングと呼んでいます。
したがって、節電という市場機会がある場合、その用途(TPO)を実現するための商品を売り場に集積するだけで、顧客が目的を実現し、便利さを実感してもらうことができるのです。

成功するポイントは節電対策に必要な商品が何かを理解することで、顧客の行動を細かく分析していくことで明確になります。
このような場合、普段から販売している商品がほとんどで、売り場の集積を変更し、告知するだけで顧客の満足を得ることができるのです。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-24 09:33 | マーケティング
2011年 05月 23日

大阪駅にエコタクシー専用乗り場

タクシーに対する不満は選択の自由がないことです。

客として利用するにもかかわらず、多くの人がタクシーの運転手さん気を使ってると思います。近距離や近道など、、
そのような不満があると並んだ順番に車に乗せられるのはどうも納得しない。その上、料金が違うこともあり、たまたま乗ったらいつもより1割たかったなんてこと、誰でもあると思います。

そのような中、最近大きくリニューアルした大阪駅では、ハイブリットなでエコ車専用乗り場を設けるという記事が新聞に掲載されていました。
リンクはこちら

また競争原理が働かない企業は、社風、企業文化に大きなリスクを抱えると、福島原発の対応を見て感じられている方は沢山いらっしゃると思います。そのような中、このような閉鎖的な業界の中で風穴を開ける努力は評価したいと思います。

一般的な流通サービス業のサービスと比較するとまだまだ不順分ですが、消費者にとっては一歩前進です。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-23 13:23 | 顧客満足
2011年 05月 23日

省エネ専門家をネットで育成

おはようございます。先週に自動車業界がこの夏、木金を休みにすると決定し、今後はNTTドコモが月火を休みにするとの記事が本日の日経に掲載されてました。
webを見ていましても節電関係の新しい製品やサービスの記事が良く目につくようになっています。

私が今日の日経から見つけた面白いアイデアは、スマートエナジーという環境ベンチャー企業が大手企業でエネルギー管理の経験を持つ方のノウハウをEラーニング(ネット)を通じて、無償で配信するというサービスです。

市場機会の発見に沢山のマーケターが悩んでいます。今年は節電対策というテーマに市場があることはだれもが知る事実だと思いますが、これを自社のサービスとして、アイデアレベルのものを具体化できるマーケターは非常に少ないです。

特に人材が少ないベンチャーでは難しいのですが、このスマートエナジー社のアイデアが優れている点は外部の専門家と組んでサービスを提供しているところです。

誰でも自分の力に対する自己評価は高くする傾向がありますが、Eラーニングの提供に徹したことで、市場機会があるときに他社よりも早くサービスを提供できるわけです。

新しいアイデアを考えるときは自社の立ち位置、役割を明確にすることとなんでも自分達でやると欲張らないことが必要だと感じました。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-23 08:08 | マーケティング
2011年 05月 21日

トヨタ、米セールスフォースと提携 運転者向け新サービス

2本目の投稿です。
日経新聞にトヨタ自動車と米クラウドの代表的企業であるセールスフォースドットコムが業務提携するとの記事がありました。
リンクはこちら
主に、走行データからメンテナンス提案やサービスや電池残量のスマートフォンへの表示など顧客の特性に応じた情報を提示できるようにするとのことです。

また豊田章男社長とセールスフォースのマーク・ベニオフCEOが23日に記者会見される予定で、こちらから見ることができます。
http://www.ustream.tv/channel/toyota-jp

私はSalesforceの導入や開発をしていますので、このニュースには大変驚きました。
そして気になったのは、なぜトヨタはSalesforceを選んだのかというところです。

Salesforce.com社はCRMやアプリケーション開発環境をサービスとして提供しているベンダーでありライセンスで利益を得ている会社です。つまり今回のトヨタが要望されているようなアプリケーション開発、いわゆるSIビジネスは原則、受託されてないと思います。

そういった中、なぜトヨタ自動車はSI案件を大手国内のF社やN社、H社ではなく、Salesforce.comを選んだのか? 非常に興味深いところです。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-21 14:26 | クラウド、SNS
2011年 05月 21日

スマートフォン通販が急成長

本日の日経にスパートフォンによる通販マーケットが急速に拡大しているという記事がありました。リンクはこちら


なんでも、2011年度のネット通販市場は8兆2815億円だそうで、そのうち携帯での売上は1兆5298億円で、2015年には2兆5011億円まで増加すると野村総研では見られているそうです。
楽天はスマートフォンの売上は前年比較で10倍だそうで、携帯電話より商品を詳細まで確認できることから、家電では携帯電話より3倍、家具では1.5倍も単価が高いということらしいです。

製品の特性よりも入手方法の容易さが差別化要因となり、市場で優位になることはよくあることです。

2011年のスマートフォン出荷数は携帯全体の46%を占めると言われてますのでスマートフォンのネット市場もまだまだ成長するでしょう。しかし同業他社でひしめくようになればその中で独自性、すなわちポジショニングを明確にしていく必要がありますし、そうなるとまた厳しい環境となるでしょう。

また、それは近い将来であると今のネット通販の開発技術を見ると、そう言えます。



お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-21 13:51 | マーケティング
2011年 05月 20日

セブン&アイ、被災地に移動ATM

おはようございます。
5月20日の日経新聞に、「セブン&アイ、被災地に移動ATM まず塩釜・石巻で」という記事が載っています。
リンクはこちら

ATMを車に乗せて巡回するようなのですが、データセンターとのやりとりは携帯電話を使って行う仕組みだそうです。

なぜ銀行じゃなく、コンビニが先に? と思いました。

常に消費者の不便さを解消する風土があるからでしょうか? または現場の問題が経営の意思決定に直結する仕組みがあるからでしょうか?

いずれにしろ、スピード感ある対応にはおどろでです。

一方で、今週たまたま大阪のとある信用金庫の方をお話をする機会があり、お伺いしたことなんですが、大手行では預金者から集めたお金を融資に回すというサイクルはもうないそうです。公的機関から調達するか大手企業から調達するのがほとんで、そのほうが金利的にもコスト的に断然良いそうです。その結果窓口業務は大変割のあわない業務となっているとお聞きました。

「窓口は社会的に不可欠なもので赤字でも続けざるを得ない」 社内でそのような評価を受けていれば顧客の立場にたったアイデアは出てくるはずはありませんね。

特に災害などが発生した時に企業の顧客志向に対する真価が現れるように思えます。


お読み頂きありがとうございました。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2011-05-20 11:12 | 顧客満足