<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

ハニーズに見るファッションチェーンの出店戦略

「急拡大のハニーズに立ちはだかる大きな壁」

皆さん、こんにちわ。更新が遅くなりましたが、1月29日の日経MJの一面にハニーズが直面している課題が大きく掲載されていました。
 
ハニーズと言えば通常アパレルなら90日程度かかる生産リードタイムを40日程度ですませるスピードが強みの企業ですが、そのスピード感はMDだけでなく、出店にもおよび年間150もの出店ペースを続けておられる企業です。

しかしその急成長の裏で少し問題が出てきたそうで、その原因は次の二つで
①大量出店により異なる立地環境の店舗が増加、客層が広がっている
②同社独自の人気商品投票システムがトレンド商品に投票が集中し、ベーシック商品の品切れが起こっているということらしいです。

チェーンが店舗数を急増させると客層は広がり、MDコンセプトは維持しにくくなります。特にファッションチェーンの場合、出店を優先するかMDコンセプトの維持を優先するかは議論が分かれるところです。

私自身、以前会社員であったときに同じような経験をしており、MDコンセプトの維持を優先すべきだと考えています

MDコンセプトにあう立地のみに出店すると限定すると、対象物件は極端に少なくなり、出店店舗も激減します。しまむらやユニクロのように日用衣料中心の品揃えにすると出店対象になる物件は多いのですが、トレンドをターゲットにするなら駅前か郊外でも大型ショッピングセンターのみとなり、100~200店舗が限界と言われています。

ですから、ファッショントレンド店が200以上店をもつとなるとNSCへの出店が増え、そこでデイリーに買い物をされているミセス層の構成比が急増するので、その客層の変化に合わせるためにベーシック商品以前よりも必要になってくるのです。おまけに増えた店舗数の在庫コントロールも追いつかず、トレンド商品とベーシック商品が都心や郊外という立地環境に関係なくまんべんなく混ざった品揃えになりがちになります。

こうなるとピンチで、二兎追うものは一兎も得ずというように品揃えが薄く広くなり、下手をすると両方の顧客を失ってしまうことになるのです。やはり同じブランドで都心と郊外を両方攻略するには無理があるのです。

やはりファッションを売るなら、どういったファッションを顧客に提案するかが最も大事で、何よりも優先すべきことはMDなのです。見てもお分かりのように、しまむらやユニクロ、大手アパレルのSPAショップは、立地環境に左右されることなくMDコンセプトは不変です。(ユニクロは最近少し違う気がしますが、、、)

ハニーズは今後も店舗数が急増するそうです。皮肉なことですが、精度の高い配分システムやしまむらのようなきめ細かい在庫コントロールが出来ない以上、店の意見を聞けば聞くほどMD浅く薄くなっていくはずです。

これまで同社を支えてきたこの人気投票システムですが、これからは現場の意見を反映する以上に本部がきめ細かい在庫コントロールを行える体制をつくることが大切です。

具体的には組織の見直しも必要でしょうが、客層やルックス別で店舗や商品をクラスタリング分析したり、販売動向から新規商品の配分提案や在庫移動提案ができる情報システムが必要ではないかと思います。

いずれにしろ、これからのハニーズの取組の中に新しい成功法則ができることを期待しています。


----------------------過去の投稿はこちら----------------------

ハニーズの出店加速の背景に中国展開もあり
ハニーズ、急速出店で郊外ヤングマーケットが活性化
ハニーズ、全員参画型で企画力アップ


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することと問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。


↓ 皆さん、応援(クリック)よろしくお願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-31 00:50 | 経営者、経営戦略
2007年 01月 29日

先週見つけた業務改革事例

先週、見つけた小売業の情報システム活用事例を掲載しています。
今回は1件のみのご紹介です

【イトーヨーカ堂】首都圏全域でネットスーパー展開
<データ>
①業態:GMS
②概要:ネットスーパーの強化
③狙い:リアル店舗と融合で売上アップ
④参考度: ○ 中小企業でも参考になる内容 (○、△、×の3段階評価)


事例に対するコラムがあればあらためて投稿します。



お読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-29 06:56 | IT活用
2007年 01月 26日

仮想メイクアップシステムでサービスアップ

未来の化粧品売場は接客不要?

皆さん、こんにちわ。3回連続でICタグ実験ネタの投稿です(^_^;)が、このような実験が三越の化粧品売場で実験開始という記事が1月25日の日経新聞に掲載されていました。

なんでもこの「仮想リアルタイムメイクアップシステム」では、ICタグのついた商品をかざすとその商品を使った顔の映像が表示されるそうで、接客サービスの向上を狙われているそうです。また他には試供品にもICタグを取り付け試供品の利用頻度を重要予測に使えないかを検証されるようです。

う~ん、正直言っていまいちな感じがします(すいません(^_^;))

この百貨店でのICタグ実験は以前からもされているのですが、商品をかざせば商品説明がディスプレイから表示されるなど、接客サービスに付加価値をつけることに活用されています。

今回の化粧品売場も同じ考で、サービス自体に付加価値をつけることはすごくわかるのですが、いまいちピンとこないのはお客さんのニーズを満たしているかが見えないからです。

そもそも仮想メイクアップシステムなんて、ICタグに関係なく開発できるシステムですし、需要予測もICタグでなくても出来るでしょう。なんか本質から少しずれているような気がします。また実験結果の成否を考えるとどうも売り手の都合にしか思えてなりません。

しかし、これからの情報システムは効率化だけではなく、楽しさを演出する道具として使われていくことは間違いなく、小売業においては売場で楽しさを演出することは顧客の来店動機につながる重要な対策です。

「ITで売場を楽しく演出する」
そういう意味では仮想メイクアップシステムは非常にユニークで楽しい、遊び心あるIT活用方法ですね、そのような視点で新しい小売業のビジネスモデルができないか、今後も調査していきたいと思います。

------------------------過去のICタグ関連ネタ------------------------
ICタグはレジ待ちを解消できるか?
ICタグの実験はビジネスモデル作りの段階へ
高島屋もICタグで在庫管理の実験開始
コナカ、ICタグで接客力向上
ICタグの新たな取り組み、オダキューOX
フランドルもICタグ実験開始
ICタグ管理、靴に続いてジーンズ
-------------------------------------------------------------------

最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することと問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。


↓ 皆さん、応援(クリック)よろしくお願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-26 07:25 | 顧客満足
2007年 01月 25日

ICタグはレジ待ちを解消できるか?

このブログは企業の業務改革事例を調査と記録をすることで自分の知識習得と小売業界の問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。

【コラム】
「レジ精算はかごごとスキャニング!!」
今日はコンビニの話ですが、1月24日(水)の日経MJにレジ業務を省力化するまたもやICタグ実験の記事がありました。記事によりますとファミリーマートが決済機能がついたICタグと読み取り端末を実験的に導入されるそうで、これにより買い物かごごとスキャニングでき、支払も同時できるそうです。

商品1点ずつスキャンしていたもが一度に全品がレジに登録され、尚且つ支払は釣銭の不要な電子マネー、これはかなりレジの混雑が改善できそうです。

しかし、一つ大きな問題があります。今回の実験対象となる商品は弁当やおにぎりを中心とした500品目であり、ICタグがついてない商品(たとえばお茶など)と一緒に精算しようとすると通常のレジにいかなければならないはずで、それだと顧客がどちらのレジに持っていけばよいのか考えなければならなくなります。

これでは、買い物はかえって不便になってしまいますので、ICタグでスムーズなレジ精算を実現するには、全ての商品にICタグがついてないとムリということになります。多種多様の商品を扱っているコンビニだと少しハードルが高いかもしれません。

では適している業種は何でしょうか?多種類の商品を扱ってない店のほうが適合しやすそうですが、スーパーマーケットなら商品が限定されてますから良さそうですが、生鮮品にICタグが設置できるかちょっと疑問です。衣料品や雑貨の専門店チェーンも商品がすくないですが、コンビニのようにレジは混雑していないので効果は少なくなりますね。

しかし、衣料品や雑貨チェーンが時々大きなホールで開催している期間限定バーゲンや展示会などのイベント限定で使えはないでしょうか?

そのようなバーゲンは混雑しているのでレジの稼動率がアップすると客数は増えるでしょうし、商品も普段と違う取引条件で仕入ますので商品マスタと特別番号で再登録しているケースもあるのでICタブも設置しやすいです。また、混雑しているので万引き防止にも使えますし、商品以外には入場制限や入場者管理にも活用できるのではないでしょうか?

このようにイベントでは多くの活用場面が考えられますが、コンビニにおいても将来のレジ精算のスルー化を目指しがんばって欲しいとも思います。


最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-25 00:07 | IT活用
2007年 01月 23日

ICタグの実験はビジネスモデル作りの段階へ

このブログは企業の業務改革事例を調査と記録をすることで自分の知識習得と小売業界の問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。

【コラム】
先週発見したIT関連のニュースの中に経済産業省が進められているICタグ(無線タグ、RFID)の実験プロジェクトにヤマダ電機やヨドバシカメラ、エディオン、ビックカメラなど家電量販店の大手が参加するというニュースがありました。彼らが実験するのは修理、保守業務の効率化(多分トレーサビリティ?)と売場のロケーション別の在庫管理だそうです。

ロケーション別管理とは売場分類別に在庫を管理するもので、売場別の在庫量が売場担当者だけでなく本部や他の店からでも確認できることになり、実現できれば欠品防止やフェイス管理のやり方が劇的に変わると思われます。しかしその反面、ロケーション間の商品移動には伝票登録が必要になり、ロケーション間の商品移動がほとんどない業種でないと適しているとは言えません。例えば、アパレルのようなシーズンごとの売場を大きく変更する商品を取り扱う業種には当てはまらないのです。

このプロジェクト、アパレル業界からはINEDなどを展開されているフランドル社が参加されていますが、同社のICタグ実験は生産工程で発生する複数の工場間の商品移動に活用し入庫出庫作業の削減や棚卸し作業の削減に取り組まれています(過去の投稿は下を参照)

このように各業界ごとにそれぞれ取り組まれているICタグの実験ですが、その活用場面はまだまだアイデア不足が否めません。しかしアイデア次第では大きなビジネスチャンスが生まれるだろうと考えられています。私もこのICタグの活用には高い関心をもっており、ファッション小売業で活用場面を考えると、物流作業の効率化に使えるのでは、と思っています。

小売業の物流機能には大きく在庫の保管と補充型物流と店舗の配分を行う物流センターに分けることができます。在庫保管型物流は店舗発注が多いスーパー、コンビニ、ドラッグなど主に日用雑貨の供給をしており、企画や本部発注が先行するファッション品の物流センターの必要機能は店舗配分(クロスドッキングと言います)です。

クロスドッキング型物流センターだと、店舗数が多いほど、どこの店にどの商品を何枚、いつ出荷したという出荷伝票の登録件数も多くなります。100店舗以上の店舗を展開されているチェーンですとその数は膨大です。しかし、出荷伝票を登録しないと店別の在庫の管理ができないはずなので、マニュアル登録かターミナル登録か、いずれにしろ人手をかけて登録されています。

ICタグをこの物流センターで使用するとこの出荷入力作業がなくせるはずです。コスト削減効果だけではなく店への納品時間も短縮されるでしょう。そして、2次効果として、従来ではセット単位か商品コード単位で行っていた配分作業を色別サイズ別のSKU単位でもできるようになるのでは?と思っています。これをやると物流センターでの作業は増えますが、店舗特性に応じたよりきめ細かい配分ができると思います。

いずれにしろ、高価なソリューションを導入するには同業他社と比べてビジネスのやり方が明らかな違いが出ていなければ意味がありません。そのためには顧客へのサービスが同業他社と差がつけられる道具として期待したいと思います


----------------------過去のICタグ関連投稿はこちら----------------------

高島屋もICタグで在庫管理の実験開始
コナカ、ICタグで接客力向上
ICタグの新たな取り組み、オダキューOX
フランドルもICタグ実験開始
ICタグ管理、靴に続いてジーンズ



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-23 07:10 | IT活用
2007年 01月 22日

先週見つけた業務改革事例

先週、見つけた小売業の情報システム活用事例を掲載しています。情報収集の手間が省けるかも

【トライアルカンパニー】和製ウォルマート目指しシステム要員750人体制を確立
<データ>
①業態:GMS,SM
②概要:小売業では例がないような開発体制の紹介。ウォルマートを意識した情報投資を行い独自のビジネス展開されている会社
④参考度: △ (○、△、×の3段階評価)


【ミニストップ】競合メーカーのPOSデータまで取引先に開示
<データ>
①業態:コンビニ
②概要:メーカーに提供しているPOSデータをメーカーにとってはライバル企業の売上実績も提供
③狙い:カテゴリマネジメント
④参考度:  (○、△、×の3段階評価)


【ロウズ】ポートフォリオ・マネジメントで成長を極める
<データ>
①業態:ホームセンター
②概要:人材の最適配分を実現するポートフォリオマネジメント
③狙い:
④参考度: △ 高度なIT技術のため参考にならない (○、△、×の3段階評価)


ヤマダやヨドバシが参加するICタグ6実験
<データ>
①業態:家電専門店
②概要:ICタグ実験、第2段階のニュース
④参考度: ○ 今後関心の高いニュース(○、△、×の3段階評価)


米ウォルマートも顧客、音声使う物流支援システムが上陸
<データ>
①業態:ディスカウントストア
②概要:音声によるピッキング処理を可能にするシステムの紹介
④参考度:○ 米国小売業のITリテラシーは高く、参考になる (○、△、×の3段階評価)


事例に対するコラムがあればあらためて投稿します。



お読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-22 07:03 | IT活用
2007年 01月 21日

これからのEDI標準、Web-EDI

このブログは企業の業務改革事例を調査と記録をすることで自分の自己啓発と小売業界の問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。

【コラム】
1月20日(土)の日経新聞に小売・卸が受発注システム(EDI)を共通化する実験を2月から開始するとの記事がありました。大きな見出しでしたが、よ~く読んでみますと、以前から日本チェーンストア協会が推進していたウェブベースの国際標準規格(これも記事に記載がなく多私の推測ですが)JEDICOSを大手スーパーと日用雑貨と食品卸大手が導入テストを開始するというものでした。

少し分かりにくい内容の記事でしたが、新たなシステムの変更点を簡単に言いますと、
①卸小売間の受発注データをやりとりする通信回線を専用線からインターネットにすること
②同じく受発注データをやりとりするファイル形式を皆で決める
というのが主な内容です。

現状はと言いますと、小売業各社が卸へ送る発注データのファイル形式は三者三様で卸側は其々の小売業用に専用線と自社のシステムに取り込むためのファイル変換ソフトを用意しているわけです。即ち、得意先小売業が増えれば増えるほど専用線と返還ソフトは増えるような状態なんです。

実は日本チェーンストア協会では以前より標準規格を作っていたのですが、漢字や画像が遅れないなどなかなか使いにくいところがあったために標準規格として普及が進まず、小売業各社は独自のEDIを開発してしまった経緯があります。これによりわりを食らったのは卸のほうで、小売業各社からそれぞれの専用回線とフォーマット返還ソフトを買わざるを得なかったわけです。

今回の改革では、専用線は使わずインターネット経由でデータ転送するものとし、バラバラのファイル形式を統一するというもので、卸側にとってみれば受注登録コストが大きく削減できることは分かります。

しかし小売業にとってはどういうメリットがあるでしょうか?通信時間を現在3,4時間から短縮できると見込まれているようですが、ウェブベースのほうが共通の回線を使うわけですから専用線でのデータ通信より短縮できる根拠が私には良く見えていません。

また、小売業側の業務システムが変わるわけではありませんので、発注データのフォーマットを標準形式に返還するソフトウェアが必要になりますし、今回のように店舗発注が頻繁にある商品だと各店舗に返還ソフトウェアをインストールしなければならなくなります。これはメンテナンスしていくことも考慮すると結構大変な作業ではないかと思います。

実のところ小売業にとってはコストが増加するだけなんです。しかし、そこまでして各社が導入する理由は、店舗に納品されるリードタイムを短縮し欠品や品切れを防止し、顧客サービスを改善したいためだと思っています。

今回の記事は日用雑貨と加工食品業界のお話でしたが、このEDIの動きは業界ごとに進んでいる程度が違うようで、このブログのメインとしているアパレル業界はもっとも標準化が遅れている業界であるといわれています。

その理由は
○メーカーに中小企業が多く、EDI投資が遅れている
○生産工程が長いわりに販売期間が短いためシステムへの投資効果が見えにくい
○返品や消化仕入など契約が曖昧で口約束の発注がいまだ多い。
などがあげられています。

しかし、経済産業省主体のICタグ実験もフランドルで始まっており、受発注EDI化の波はアパレル業界に近く押し寄せることは間違いないと思います。それに関する投稿はまた次の機会に行いたいと思います。


最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-21 21:54 | IT活用
2007年 01月 17日

タグ改良で2.5億削減、良品計画

このブログは企業の業務改革事例を調査と記録をすることで自分の知識習得と小売業界の問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。

【コラム】
そのような事例として参考にできるのが無印良品がタグ(値札)削減の事例です。同社ではこれまで200種類以上あったタグを2種類にすることで年間2億5000万円削減したそうです。う~ん、すごい。タグだけで2.5億! さすが本が出版されるだけの業務改善プロジェクトですね。

このような業務改革プロジェクトをスタートさせたときに、メンバーに力が入りすぎて、解決できないような難しい問題ばかりがテーマとなり、話が先に進めなくなるなんてことはありませんか?特にやる気旺盛な若手中心のチームだとそうなることが多いように思えます。

優秀な人ほど日ごろから問題意識をもっていますので、会社の方針を左右するような大きな問題解決に取り組もうとされますが、トヨタのカイゼン活動が示しているように改善効果の高い問題は以外と日常の中にあるのです。時には肩の力を抜くことも必要のようです(笑)

タグの改良なんて見逃しそうな事なんですが、みんなが見逃しがちな問題の中にこそ業務改革事例があるのです。特にファッションリテイラーにとって物流コストは改善の宝庫のはずです。

実は私もタグの改良に取り組んだことがあるのですが、タグ改良には取引先の同意が必要だったりします。取引先が専用のタグ発行マシンを保有していて、このマシンをリプレースしなければならないからです。取引先が納得されない場合は自社で買い取れば良いのですが、部長や役員などベテランの人ほどやりたがらないもんです。

そんなの2億円のコストが削減できることに比べおいればたいしたことではないのですが、どうも年をとるを頭を下げるのがいやなようです。そのようなことから妥協に妥協を重ねた結果、ほとんど現状と大差ないタグができ、コスト削減がほとんどないってことがありました。

良品計画の事例から感じるのは、地味な改革でもやり遂げる強い信念を感じます。今後も良品計画の業務改革プロジェクトには注目です。宝の山かもしれません。


----------------------過去の良品計画関係の投稿はこちら----------------------

無印良品の経営改革プロジェクト
良品計画が価格引下げで狙うもの
良品計画、本部で残業禁止



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-17 00:01 | IT活用
2007年 01月 16日

ポイントの高粗利益率には独自戦略

このブログは企業の業務改革事例を調査と記録をすることで自分の知識習得と小売業界の問題解決のヒントにしてもらえることを目的に運営しています。

【コラム】
1月19日の日経MJにローリーズファームやグローバルワークなどを展開するポイントの福田会長のインタビューが掲載されており、大変独創性のある参考になるお話しでしたのでご紹介したいと思います。

その前に前提条件なんですが、ポイント社の損益計算書を見るとその売上総利益率の高さに驚きます。ファッションアパレルチェーンでは例がないと思いますが、過去3年間の売上総利益率は60%台を維持されています。このような高い粗利益率だとSPA企業だと勝手に思い込んでいたのですが、実は仕入は商社経由だそうです。

ご存知の方も多いかと思いますが、売価を高く設定、つまり値入率を60%にしても全て売れないと粗利益率は60%になりません。これは値入率の問題ではなく、プロパーでの消化率が良い、即ち売れ残りや不振在庫が極めて少ないと言えます。

この異常に高い粗利益率を何年も続けていくには組織的な仕組みが必要で、これが同社の強み、ノウハウであることは間違いありません。もう少し具体的に知りたいところですが、残念ながら現時点ではこれ以上のことは分かりません。

さて、話は戻りますが、福田会長はさらに粗利益率を高めていく考えのようで、売価を下げれば販売数量が増えるかと思うのですが、この考えには否定的で、逆に70%近くまで引き上げたいと考えておられるそうです。例えば生産するスピードをもっと遅くすることで、売れ行きに応じてデザインを変更するなどし効率的な販売をしていきたい考えのようです。どうも同社が不振在庫を持たず、プロパー販売に強い原因はこのあたりにあるのではないかと思えます。

インタビューの中で印象に残っていたのは、多くのアパレルチェーンが店舗数を増やした80年代、同社は業績が悪く、毎年のように暖冬による販売不振を味わっていたそうです。その経験から天候に左右されない商品、シャツやニットなどを中心に揃え、天候による売れ残り在庫を回避するワザを身につけていかれたそうです。

何十年もかけて培われたノウハウなのですぐに真似できることではありません。しかし研究するには大変良い事例になることは間違いありません。今後とも継続して研究していきたいと思います。

以前、ライトオンの社長がSPAに進むのではなく、情報システムを使い仕入型専門店としての強みを発揮していく戦略を紹介しましたが、このポイント社の戦略もまた一つの仕入型専門店の強みに特化した戦略ではないかと思います。今後とも同社独自の戦略にサプライズされることを期待したいと思います。



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-16 00:33 | 経営者、経営戦略
2007年 01月 15日

先週見つけた業務改革事例

このコーナーでは先週1週間で私が見つけた小売業の情報システム活用事例を掲載しています。今週はいつも読んでいるIT-Proというサイトの中で2006年に良く読まれた記事一覧の中から小売業のみをピックアップしました。だから少し古いニュースばかりです(^_^;)


【ユニクロ】社内ブログで店舗情報発信を強化
<データ>
①業態:アパレル専門店
②概要:社内ブログによる本部店舗間の情報共有で投入商品の選定など戦略に店舗の意見を反映
③狙い:情報共有
④参考度: ○ 投資効果が高い (○、△、×の3段階評価)


【ダイエー】ポイントカード刷新で黒字転換に挑む
<データ>
①業態:GMS
②概要:ポイントカードを導入し従来、顧客がカウンターで交換していた金券をレジ登録時に金券として取り扱うことができるようになった
③狙い:優良顧客の囲いこみ
④参考度: ○ (○、△、×の3段階評価)


【良品計画】203種類のタグを半減、メーカーも2社に集約
<データ>
①業態:専門店
②概要:203種類あったタグを98種類まで削減、タグ業者も29社から2社に絞込み年間2億5000万円のコストを削減
③狙い:コスト削減
④参考度:○  (○、△、×の3段階評価)


【無印良品】ネットストアが同社最大店に
<データ>
①業態:生活用品専門店
②概要:ネットでの受注時の在庫引き当て、出荷など物流機能の改善でコスト削減
③狙い:売上拡大
④参考度: ○ (○、△、×の3段階評価)


事例に対するコラムがあればあらためて投稿します。



お読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-15 06:24 | IT活用