カテゴリ:ビジネスモデル( 7 )


2013年 05月 30日

ビックデータで交通情報を発信

おはようございます。今日はクラウドのお話です。

私の仕事はクラウドサービスをお客様に提供する仕事です。salesforce.com社のクラウドサービス上にアプリケーションを開発する所謂システム開発会社です。
小さい会社なので今も現場でお客様とシステム仕様については打合せを行いますし、自らプログラムを書くこともあります。

しかしながら会社経営に責任を持つと新しい技術を習得よりもクラウドによる新しいビジネスが創出できないかということに日々に思考の大半を費やしているように思います。

5月30日の日経新聞にクラウドによって生まれたような新しいサービスの記事が掲載されていました。
それはトヨタ自動車が販売した330万台の車のカーナビからデータを収集し道路の混雑状態や災害時には通行可能な道路を表示したりできるサービスです。利用料金は月額21万円で自治体や企業への販売を予定されているそうです。

私もトヨタ車に乗っていますが、車はインターネットにつながってないのになぜどこにいるのか分かるのだろうかと思ったのですが、それはさておき、従来、車のように常に動いている位置情報は取得できませんでしたが、クラウドのような大規模データセンターを活用することで交通情報や位置情報の取得が可能となり、情報に付加価値が生まれたということが言えると思います。

つまり、新たなつながりで増やすことで新しい付加価値情報を生み、その情報が収益になる、というのがアイデアのフレームワークだと思います。

皆さんの製品にもつながりを増やすことが出来るものはないでしょうか? 見つけることができるとビジネスチャンスにつながるかも知れません。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-05-30 09:36 | ビジネスモデル
2013年 04月 10日

ヤフーがスマホ使いチケット事業参入

おはようございます。今日は新規参入業者の脅威についてです。

長年、2,3社の企業で半寡占化されているような市場に参入にするには、主に次の4点を検討すべきと確かマイケルポーターの5フォースに書いてあったとように記憶しています。
・新規参入に必要な資本、大きな資本が必要な市場は参入障壁が高い。工場など設備投資が必要な製造業なんかそうですね。
・規模の経済性、規模メリットを生かした商品価格が市場に浸透している場合も参入障壁が高い。スーパーなんかそうですね。
・製品の差別化、技術進歩が速く、新しい製品が次々と出される業界も参入障壁が高い、デジタル製品なんかそうですね。
・乗換コスト、顧客が商品を乗り換えする際に大きなコストがかかる市場も参入障壁が高い、例えば情報システムとかそうですね。

今市場にあるビジネスと同じモデルで参入するなら、国内市場ではなかなか上記4点をクリアーできる市場は少ないかもしれませんが、ITを活用して新たなモデルによりこれらをクリアーするような事例を4月10日の日経新聞に見つけましたので紹介したいと思います。

ヤフージャパンがスマホを活用したチケット販売事業に参入するという記事です。従来ではチケット業者は顧客であるイベント主催者から数万円の登録料をもらい、チケット販売をしていたそうなんですが、このヤフージャパンが新しいサービスでは登録料が無料になるようです。

多分ですが、この登録料はシステム利用料なようなもので、チケット購入者がウェブサイトからチケットを購入しコンビニなどでお金を払いチケットを受け取るための仕組みを利用するためのものだと思います。

ヤフーのサービスでは、顧客情報がすでにヤフーIDなどでシステム化されているためこのシステム利用料に該当するコストが不要になるということで無料で提供できることになったようです。

そしてチケット購入者についても、電子化されたチケットを入手できるため、チケット購入時にコンビニに行かなくても良くなり、さらに利便性は高ます。これはなかなか市場に大きなインパクトのある新規参入ではないでしょうか。

また、お客様の情報を沢山保有していることは新規参入事業には大きな武器となりますね。便利なアイデアを考えても認知されるのに時間がかかるとうまく行かないケースも多々あります。

皆さんの取引先でも自社サービス以外の領域の不満を聞くことはあるでしょうか?そこにビジネスチャンスがあるかも知れません。そういう意味でも顧客情報の管理(CRM)は必要ですね



お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-04-10 16:14 | ビジネスモデル
2013年 03月 19日

HEMSでスマート住宅

おはようございます。2013年3月19日の日経新聞企業総合欄にIBMとタマホームが組んでHEMS(家庭内エネルギー管理システム)を発売するという記事が掲載されていました。

うちのこのHEMSがついていると、利用者はタブレットやスマートフォンで電力、水道、ガスの利用状況をどこからでも見れるようで、気温や風速なども考慮し快適な室温の提案などもしてくれるそうです。

IBM社はITベンダーなのでこのシステムを開発しているわけですが、本当の狙いはHEMSで使ったデータをマーケティングに活用する情報とし提供することです。

スマートハウスだと、エネルギー使用量がわかることはもちろんですが、家電製品の利用実態などから健康状態も分かり、その情報を介護や医療分野にも利用できるというものです。

そう考えるとHEMSは単なるエネルギー管理システムではなく、高齢者の生活を支える社会インフラのシステムになると考えれれますね。目標を見失わず普及してもらいたいものです。



お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-03-19 09:36 | ビジネスモデル
2013年 03月 18日

貸会議室の新たなモデル

おはようございます。今日は日経新聞から起業アイデアについてです。

ネットを使った新しいビジネスモデルは多くの人の関心が高く、私も良く相談されることがあります。
3月18日の日経新聞の新興・中小企業欄に貸会議室最大手ティーケーピーさんの起業プロセスが掲載されていました。

同社は解体前や古いビルをを改装して賃貸借契約し、貸会議室として提供するビジネスモデルのようです。

そのようなビジネスモデルは昔からありますが、同社の成長した要因は使われなくなったビルを相場の3分の1という安い家賃で契約し、、顧客に対しては一人1時間100円というかなり安い価格で提供しても収益がでるモデルを構築された事だと思います。

また、営業手法についても従来であれば足を使って注文をとってくるところを、同社はインターネットで見込み客の確保をメインにされているとのことです。

新しい事業や起業時の最初で最大の壁は見込み客の確保です。もはやだれもがインターネットで検索する時代、売り手から営業する(アウトバンド)よりも関心がある人から問合せを受けて見込客にする仕組み(インバウンド)のほうが効果があることは明白です。

もちろん低価格な貸会議室というビジネスそのものの魅力があってこそですが、インバウンド営業をいかにうまく作るかでビジネスが成功できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-03-18 09:25 | ビジネスモデル
2013年 03月 06日

円安でも海外ブランドを ネット通販好調

こんにちわ。円安が進んでますね。
自動車など輸出企業に大企業が多い日本は、円安になると株高となりますね。一方、原材料や商品を仕入れて国内需要に供給している内需型の企業は原価コストが高くなり収益力を押し下げます。

そのような円安効果が直撃する中、ネットを活用した輸入販売で業績好調なユニークな企業があると3月5日の日経新聞の消費欄に掲載されていました。

それは個人輸入代行サイト、バイマというサイトで、この会社では約70カ国にすむ日本人が日本で手に入らないような希少価値の高いブランド品を買い付け、日本の消費者に販売できるといういかにもネットを活用したユニークなビジネスです。なんと円安傾向の中、前年比7割増で売上げが推移しているそうです。

物理的に散らばっている個々の事業体を集約することで買い物の便利さを提供するというのはアマゾンや楽天などネットで成功している企業の成功パターンですね。

ただ、世界各国となるとそのような買い付けしてくれる人を集めるに大変な苦労があったはず。ですのでこのビジネスの成功要因は事業の展開方法にあると言えます。残念ながらその部分の記載はありませんでした


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-03-06 06:07 | ビジネスモデル
2013年 03月 05日

楽天ポイント実店舗でも利用可能に

おはようございます。本日の日経新聞一面に楽天ポイントが実店舗でも使えるようになるとの記事が掲載されていました。

よく読んでみると、まだポイントが使える小売店も決まってないようで、プレスリリースは分かるけど、一面に大きく書くような記事かなと正直感じました。(笑)

ただ注目すべきななのは、楽天ポイントの会員数の多さで、約8100万人、一方競合となるTポイントは4300万人、ポンタが5100万人とグンを抜いた会員数となっています。

消費者にとってはカードは少ないほうがよいですから、同じカードで共通にポイントがたまるカードを利用したいので、会員数が多くても小売店が多くならないと利用者は増えないと考えられます。

Tポイント、ポンタ以外にもイオン、セブンアンドアイの電子マネーも多くの小売店と連携しているカードがありますので、このような中消費者が便利さを実感できる実店舗連携を実現するの簡単なことではないように思えます。

推測ですが、大手小売店は既に他社の連携先に多く入っていますから、楽天ショップ同様中小小売店に連携をPRするのかも知れませんね。


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-03-05 06:32 | ビジネスモデル
2013年 02月 28日

語学強い学生専門の就職サイト

本日2回目の投稿です。またもや新聞ネタです。でもよくこうも毎日ITを活用した新しいビジネスや新サービスがあるなと関心します。5年以上前からブログを書いておりますが、2年ほど前はITネタで記事を書くのに苦労していたので、最近のビジネスの変化の早さを実感します。

さて、本題です。ヤフーさんがはじめる企業向けに新卒学生を紹介するサービスなんですが、他社サービスとの違いは語学に強い学生に絞っているというところです。

これは昨今の国内実行減、需要減により海外展開への積極的に取り組んでいる企業にニーズを反映したもので、企業の採用担当者の方が他社サイトのように全ての新卒学生の中から留学経験などがある人を探すのは一苦労するので専用サイトを立ち上げたというものだと思います。

社会人向けだと外資系専門の転職サイトなど沢山ありますがそれの学制版といったところでしょうか。

事業展開スピードが早くなり人材採用スピードが追いつかなくなり、その課題をこのサービスで解決しようとする狙いだと思いますが、顧客企業のスピード感が必要なニーズをうまく吸収しているポイントは、ヤフーが留学支援を行ってきた会社と組んでやっているという点だと思います。

自社だけでは顧客の問題は解決できないことはよくあります。特に新市場では、自社で全てやるよりも他社と組んで早く実現するほうが先行者利益を受託する可能性も高くなります。

新市場開拓をネットとコラボ、まさに見本例です。


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-02-28 12:45 | ビジネスモデル