CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 19日

衣料品専門店既存店売上-2008年3月

日経MJに毎月掲載されている衣料専門店の3月既存店売上です。

3月は中旬に気温上昇とともに売上も上昇し、2月までに比べ既存店売上を上回っている企業のほうが多いです。また閏年の関係で昨年よりも営業日数が多いことも好調の要因のようです。

特にユニクロの増加率は抜きん出ていますが、記事によりますとCMされているハイライズジーンズが売上を押し上げているそうです。これはすごいことで、レディスジーンズ市場は全てといっていいほどローライズジーンズばかりで、ハイライズのジーンズって長い間売り場であまり見かけなかったと思います。

そういうファッションの流れの中で、大々的なCMとメインアイテムとしての陳列量を確保するこのようなMDは、現在は表面化していない需要を掘り起こすMDでもあります。

他社ではほとんど販売していない商品が好調となると他社よりも格段に業績が良いのは当然ですね。さすがです。



         10月   11月   12月    1月   2月    3月
ユニクロ     4.2   3.2   6.4   ▲0.9  1.4    8.1  
ライトオン   ▲17.2 ▲13.1 ▲11.9 ▲8.2  ▲4.8   7.7
マックハウス  ▲1.5  ▲4.6  ▲8.1 ▲7.9  ▲11.8  3.3
UA       ▲4.3   4.7  ▲1.7  ▲0.2  ▲10.6  0.6
ジーンズメイト ▲6.8  ▲10.8 ▲9.1 ▲3.6  ▲11.8  ▲5.4
しまむら      3.0  ▲4.0  ▲3.5   2.5  ▲5.3   0.8
ハニーズ    ▲4.3   1.8  ▲6.3  ▲8.9  ▲13.1  ▲7.6
ポイント      5.1   2.5   2.6   ▲4.6  ▲11.0  3.0
西松屋チェーン  2.8  ▲6.1  ▲4.4 ▲3.7  ▲4.1   6.4
青山商事    ▲2.3   4.1  ▲4.5  ▲1.0  1.2    2.8
AOKI       0.8   3.0  ▲4.9   0.6  2.0     5.0
チヨダ      ▲8.7   0.6  ▲7.9  ▲3.4   1.6   6.8
ABCマート   ▲8.1   3.0   6.5  ▲0.6  ▲8.5  14.0

最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することとを目的に運営しています。


↓ クリックすると1票入ります。ご協力お願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-04-19 21:57 | 経営者、経営戦略


<< 既存店回復が見えない、ハニーズ      タルボットの再建策 >>