CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 01日

百貨店もブログでお客さんと関係作り

3月31日の日経MJに小田急百貨店の女性社員がブログを使って商品や売場の情報を発信するという記事が掲載されていました。少しサイトを拝見したのですが、すでにファッション品を中心に情報発信をされており、今回は発信する情報の対象を日用品や食品にまで拡大することと、お客さんの意見も収集できるように修正を加えるということのようです。

ブログを使った情報発信は中小企業にはもはや一般的なことですが、百貨店のような大きな企業で実施されているケースはあまり聞いたことがありません。

コストもあまりかからない割には普及していないのは、現場の人が忙しくてやってられないことと効果が見えにくいということなんでしょうね。

しかし、ポリシーや考えをお客さんに伝えることは消費者の購入できる選択枝が増えれば増えるほど必要となってくることは、リミテッドブランズやノードストロームなどのホームページを見れば良く分かります。

今後、このオダチャンズというブログがどのように展開されてくるのか、サービス改善事例として参考にできることを期待しています


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-04-01 23:59 | 顧客満足


<< ユニクロ、1兆円に向け中国工場を確保      母の日ギフトは超前倒し傾向 >>