CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 31日

母の日ギフトは超前倒し傾向

3月29日の日経新聞にヤフーや楽天が母の日ギフトの販売を3月上旬から開始し、ヤフーでは前年の16倍、楽天は7割増で売上を伸ばしているという記事が掲載されていました。

ファッションを売っていてもプレゼント需要は少なからずあり、母の日のようなイベントを上手に利用して売上をつくることは営業戦略上とっても大切です。

この記事を見て少し心配になったのは、気温の変化と同じで母の日ギフト需要がこれだけ前倒しになると5月の本番ではさほど売れなくなるということことです。

少し話しは変わりますが、以前日経新聞で読んだ記事なんですが、大規模小売店売上はこの10年間で10兆円も減少したそうなんですが、これに対して民間消費支出は10年前に比べなんと9兆円も増加しているらしいのです。

大型小売店の売上不振は消費低迷が原因のように言われていますが、実は原因は消費不振ではなく需要が大型故小売店以外、すなわちインターネットへ移動したことが原因らしいのです。

今回のように母の日需要の取り込んでいるのはインターネットで、これは消費者が店頭よりもネットのほうに便利さを感じていることは明らかです。このような変化に気付く仕組み体制を構築することはもはやファッションチェーンには必須ですね。そうでないと19兆円の中に埋没してしまうかもしれません。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-03-31 23:56 | 経営者、経営戦略


<< 百貨店もブログでお客さんと関係作り      ヴィレッジヴァンガード、大量出店へ >>