CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 20日

フットパークはユニクロ店内での販売拡大

3月19日の日経MJにユニクロを展開するファーストリテイリングが子会社で靴専門店のフットパークの商品をユニクロに展開するとの記事が掲載されていました。

現在、同社では2008年8月までに子会社の建て直しを模索中であり、その一環として対策のようですが、ユニクロの隣にフットパークを出店されているケースがあるようですが、今回はユニクロの売り場の中にフットパークの20-30代の女性向け商品を陳列し、相乗効果を高める狙いのようです。

裏を返せば、フットパーク単独ではユニクロの隣に出店しても期待した客数を得られていない?と推測されます。

長年小売業にいるとと一定のお客さんが来店することが当たり前のように思いがちですが、お客さんの来店には必ず理由(動機)があり、ファーストリテイリングのような大企業でもこの理由を認知してもらうのに苦労されています。

顧客からの信頼(来店理由)は企業規模に関係なく、サービスの積み重ねであることを改めて認識した思いです。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-03-20 09:39 | 経営者、経営戦略


<< ABCマートは衣料品ラインを追加      大丸、来店客への販促メール >>