CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 08日

今年のしまむらの事業展開は変化があるかも?

皆さん、あけましておめでとうございます。年明け早々アメリカの金融不安から日経平均が続落し、今年の個人消費への悪影響を懸念されている方も多いかと思いますが、バーゲンなどは順調のようですね。本年もどうぞよろしくお願いします。

さて本題ですが、日経MJのお正月には恒例のファッションチェーン各社社長のインタビューが掲載されています。このインタビューはお考えや方針が簡単にまとめられているので、毎年楽しみにしてます。1月7日にはしまむらの藤原会長のインタビューが掲載されていましたので、私なりに気になった点を上げさせていただきたいと思います。

それは2点あるのですが、
〇M&Aに前向き、ただし双方にメリットがある場合に限る
〇都心出店にも前向き、中堅スーパーの衣料品売場をまるごと請け負うようなケースも視野に入れる という点です。

現在、しまむらは"ファッションセンターしまむら"だけで国内に1077店舗もの店舗をお持ちで(2007/12末)、その数は衣料品専門店としては過去の歴史にはない巨大チェーンです。

しかしながらその店舗数の多さから今後の事業拡大のマーケットをM&Aや衣料品部門の業務委託に見出されているようです。これは、従来から全てに自前主義を貫かれてきた同社にとっては大きな戦略転換ではないかと思われます。

そして最も気になったは、藤原会長がいつもおっしゃることでもあるのですが、同社は取引先と互いの利益を大変重要視されているところで、今回の記事においても、互いに必要とするケースでなければM&Aや業務委託は実施しないとおっしゃっていました。

私は以前勤めていた会社で仕入コストの削減活動を推進していたことがあるのですが、その対策となったのは、仕入先に対して強気態度の交渉で値入率を上げることが中心でした。アパレルでは家電業界のようにメーカー応援と称した人材派遣はあまりないと思いますが、返品問題や納期ずらしなど公正取引委員会が指摘している問題はいまだ業界には残っていると思われます。

そのような慣習の中で、取引先との共存関係を重視されることは、信頼関係を大変強固なものにしてくれますし、それが同社の強みの一つでもあり、同業他社よりも優位にたつことができます。また、藤原会長は一貫してこのようなお考えをお持ちであり、その点についてもあらためてすばらしい経営者だなと思いました。2008年もさらに飛躍されることを願っています。



↓ クリックすると1票入ります。ご協力お願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2008-01-08 14:18 | 経営者、経営戦略


<< 良品計画は顧客志向を加速      2007年のご挨拶 >>