CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 07日

まちづくり3法について

皆さんこんにちわ。上嶌です。

今日の日経で都市計画3法が成立した記事が載っていました。

この法律は、大型商業施設の郊外出店を規制する法律であり、

都市部の衰退に歯止めをかけることが狙いのようです。

イオンなどはこの法律のために都市部むけの小型SCを開発し対応していくそうです。


私達消費者にとって、都心部に買い物に行くよりも郊外の大きい

ショッピングセンターに行くほうが便利です。

車で行くことが出来ますし、イオンなどの大型SCなら百貨店もあるし、

子供の遊び場もあり、私の好きなスポーツオーソリティもあります(笑)。

都心と変わらないほどの選択肢があります。

ほとんどの人がそのように感じているはずです。

その結果、都市部の商業施設が衰退していきました。

その対策として「郊外に出店してはダメで都市部に帰ってきなさい」という法律ができました。

こんなことを行政や国家が指導することでしょうか?

大多数である消費者の意見は聞かれず、一部の人の利益を優先した法律だと思います。

チェーンストアで働く方はご存知かと思いますが、都心部が衰退し、

商業施設が大型化し郊外に行くことは米国のチェーンストアから学んでおりました。

そのため、各社とも郊外の絶対客数が少ない環境なかでも成り立つ業態を開発、

研究されていたと思います。

この努力は外資を迎え撃つための努力でもあったと思います。

業態開発、新規事業開発の担当者はさぞがっくりされたことと思います。



▲本日の教訓▲
日本は買う側(顧客)の理論より売る側の理論が優先する国




↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします ↓ 

f0035923_2112761.gif


[PR]

by operationdesign | 2006-02-07 13:44 | 経営者、経営戦略


<< コーディネートされた売場とは?      今日は営業日記です >>