CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 15日

高級キッズアパレルの再生にチャンスあるか?

7月11日の日経新聞に、子供服メーカーのナルミヤインターナショナルの株式を投資ファンドのSBIが買収提案しているとの記事がありました。創業者の成宮会長もこの提案を歓迎しているそうで、その背景には厳しい業績から回復できる人材、後継者がいないことにあるそうです。SBIの買収提案には企業再生会社リヴァンプが株式を取得し経営に関与してくるそうで、リヴァンプに大きな期待をされていることは間違いありません。

皆さんご承知のことと思いますが、リヴァンプは元ファーストリテイリングの沢田さんと玉塚さんが経営されている会社で、ロッテリアやディズニーストアなどの経営再生に取り組んでおらますが、私の記憶では、アパレル企業の再生は今回が初めてではないかと思います。ですからファッションリテイラーの経営に関与されている方なら、どういった対策を打ってこられるか大変興味のあるところではないかと思っています。

このナルミヤインターナショナルの改革を見るべき点として2つあるのではないかと思います。
一つ目は少子化対策としてMDをどう変えていくかということで、考えられる対策は、子供だけでなく大人も買えるように品揃えを拡大しいくか、または他の競合店と差別化するために特定セグメントに品揃えを絞りこんでいくかです。ファーストリテイリングが成功してきたのは後者の方法なんですが、そのノウハウをもつお二人が富裕層を中心顧客とする百貨店中心に店舗を展開しているナルミヤインターナショナルにどちらの手法をとってくるか?という点です。

そしてもうひとつは、販売チャネルを拡大していくかどうかという点で、現在、百貨店中心の同社ショップをどこに拡大できるかということです。百貨店業界は、今後統廃合が予測されていますし、ますますマーケットは縮小傾向です。従来は高級子供服で業績を拡大してきたナルミヤインターナショナルですが、高級子供服のニーズをショッピングセンターや通販などどこに見出されるか?という点です。

他にも興味は尽きない点は多くあるのと思いますが、現在、日本の子供向けマーケットは急激に縮小し、多くの専門店チェーンは業績低迷に苦しんでいる状況です。しかし、米国では高級子供服市場には多くの企業が参入されてきているようで、ギャップやリズクレイボーンなどの専門店だけでなく、ノードストロームやサックスフィフスアベニューなどの高級百貨店も高級子供服マーケットに参入しているほど活況を浴びているようです。

このような背景の中で、企業再生のプロであるリヴァンプはどう判断されるのか、大変関心があるところです。また新聞紙上で掲載されたときにはレポートしていきたいと思います。



最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックすると1票入ります。皆さん!ご声援をお願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-07-15 09:49 | 経営者、経営戦略


<< UA、1億5000万円かけて顧...      高いROAには出店ノウハウもあり >>