CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 01日

高いROAには出店ノウハウもあり

久しぶりの更新です、上嶌です。2年前にファッションチェーン専門の業務改善請負人として独立を果たしたのですが、多くの方のお陰で、今年に入ってからめっぽう忙しくなり、6月はついにこのブログの投稿も1回のみとなってしまいました。それにも関わらず多くの方にアクセス頂き大変ありがとうございます。

私のクライアントさんにもこのブログをお読みいただいている方が沢山いらっしゃり、「最近、エントリーが少ないですね」なんて言われるのですが、ご期待に応えられず本当にすいません(^_^;)。しばらくの間は、以前のように毎日更新は難しいですが、週に1回の更新はして行きたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

さて、前置きはこのくらいにしておき、今日は6月27日(水)の日経MJの小売業ランキング調査からです。
今回の記事の中で注目したのは、ファーストリテイリングとしまむら、ヤマダ電機の専門店3社の総資本経常利益率(ROA)が突出して高いことです。

記事では、ROAが高い要因は各社様々で、ユニクロは高い粗利益率、しまむらは低い店舗運営コストなど、いわゆる今まで多くの書物で紹介されているビジネスモデルの成功要因が挙げられていました。

企業が高いROAを実現するには少ない資金で儲かる事業をする必要があるわけですが、専門店チェーンの場合ですと、調達資金の使い道はほとんど出店費用なので、安くても売上が上がる物件が多いとROAが高くなります。もっと具体的に言うと郊外でも集客ができる店が多いということが言えるのです。

上記の3社の店舗網を考慮すると今でこそ3社とも都心やショッピングセンターに出店していますが、実際には収益を支えているのは郊外立地の店舗なのです。専門店、小売業のノウハウというとMDと店舗運営ノウハウばかりが注目を集めがちですが、実は出店戦略にも重要な成功要因があります。

店舗開発というと中途入社の人が多く、店舗開発メンバーは出張が多く、顔を会わすことも少なく、そのノウハウは闇に包まれている企業が多いのではないでしょうか?

以前調査したことがあるのですが、このような勝ち組専門店では自社の店舗運営スタッフのノウハウだけに頼るようなことはしておらず、ダイワハウスなどの大手建築メーカーとタッグを組んで、前述したような割の良い物件の開発を実現すると同時に内装の低コスト化も実現しているのです。

貸借対照表をみると1店舗あたりの建物の簿価や差入保証金がひくいことが分かります。でも、これを実現するノウハウまでは分かりません。これは長年の試行錯誤の積み重ねしかありませんね。



最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックすると1票入ります。皆さん!ご声援をお願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-07-01 22:00 | 経営者、経営戦略


<< 高級キッズアパレルの再生にチャ...      リミテッドブランズ、事業売却で... >>