CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 29日

ウェブで預けた服を管理

3月28日の日経MJにタンスに眠っているような服を倉庫で預ってくれて、ウェブからその商品が見れるという大変ユニークなサービスが紹介されている記事を見つけました。預けた商品はボディに着せられ写真を撮影、その後倉庫でプロの手で保管してくれるそうです。費用は保管料のほかに商品の配送にかかる費用がかるそうです。

 記事をみて、これはファッションリテイラーと組むとなかなか面白くなるのではないかと思いました。
まず、お客さんと会話できる機会が増えるので、来店を促すような仕掛けもできやすくなります。例えば新商品を案内したり、クニーニングなどの2次サービスを追加したりということです。そして、お客さんが増加すると在庫の商品情報をマーケティング情報として活用できることも考えられます。

自分の服を倉庫に預けるような人は富裕層の人たちだと思いますので、適している商品も洋服よりも着物やブランド品のほうが良いかもしれませんね。

そして、自社物流などに遊休スペースやアイドルタイムがあるなら預かり業務を受託することもできますし、保管やピッキングは普段から行なわれている物流業務なので追加投資は少なくてすみます。

インターネットを使えばまだまだユニークなアイデアが思い浮かびそうです。コツは、お客さんとの接点をネットを使って増やせないか?と考え続けることではないでしょうか?



最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の業務改革事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックすると1票入ります。皆さん!ご声援をお願いします ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-03-29 00:34 | 顧客満足


<< カジュアルチェーン既存店売上‐...      小売業の人材教育は投資 >>