CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 12日

ギャップが身売り憶測で株価急騰

ギャップが身売りするとの憶測が飛び交い株価が急騰しているそうです。

米国ではアナリストの予測の権威が高くこの予測を上回るかどうかで株価が大きく変動します。ギャップは業績が下回ったようです。

アバクロやアメリカンイーグルに顧客を奪われているとは聞いていたんですが、噂とはいえ、目標としていた企業なので驚きをかくせません。

ギャップの売場を始めて見たとき、パンツのサイズ直しが不要なことやセグメンテーションされた商品構成にアメリカの豊かさ、買い物の楽しさを実感したもので、自分の日本でギャップのようなチェーンストア作りを手伝いたいと思ったものです。

あらためて米国小売業の栄枯衰退の早さ、競争の激しさを思いしらされます。そして自分自身も過去にやってきたことよりも今顧客から必要とされていることができているかを問いかけ続けたいと思います。

2006年のギャップとアバクロの既存店売上前年比の推移を添付します

----------------------------------------------------------------

月       □ギャップ    □アバクロ
2006/1      1.0       33.0
2006/2   ▲11.0        5.0
2006/3   ▲13.0        -
2006/4   ▲ 3.0       17.0
2006/5   ▲ 6.0        3.0
2006/6   ▲ 6.0       ▲4.0
2006/7   ▲ 4.0        3.0
2006/8   ▲ 7.0        6.0
2006/9   ▲ 3.0       10.0
2006/10  ▲ 7.0       ▲3.0
2006/11  ▲ 8.0       ▲3.0
2006/12  ▲ 8.0       ▲1.0



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。↓

  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2007-01-12 00:32 | 経営者、経営戦略


<< 大手スーパーは人材不足で営業時間短縮      売価最適ソフトの威力はどのよう... >>