CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

ファーストリテイリング、いよいよ新ブランド展開へ

皆さん、こんにちわ。このブログは小売業で働く方やその業界に関連する方々に日経ニュースを役立つ情報にしてもらうことを目的に運営しております。どうぞよろしくお願いします。

【昨日・今日の業界ニュース】
●ファストリ、低価格新店を3年で100店
●ハニーズの前期、純利益73%増
●ローソン3―5月、経常益13%減
●ファミリーM、3―5月期連結経常益1%減 ――出店費用など重し
●松坂屋の3―5月、改装効果で経常益43%増
●ヒマラヤの9―5月、経常益41%増
●イオンの今期、営業益20―26%増に上方修正

【コラム】
7月6日(木)の日経新聞に以前より関心の高かったファーストリテイリングのダイエー支援策の一つでもある新ブランドの今後の展開に関する記事が掲載されていました。その記事によると新ブランド名は「ジーユー」でユニクロに次ぐ主力ブランドに育てる計画でファーストリテイリングの2010年までのグループ売上高1兆円構想という中で、ユニクロで6000億円、その次に売上を補完するブランドとして期待されています。

9月以降に首都圏のダイエーを中心に500~600㎡の売場で出店し3年で100店舗、5年で200店舗の計画だそうです。商品的な特長としては、ユニクロよりもワンランク低い価格帯ですが、ファッショントレンド商品を中心に揃え、最短2週間で商品を入れ替えるそうです。

まず、このニュースを見て思ったのは、今後まちづくり3法が施行され都心回帰が進みファッショントレンドを売る専門店チェーンが駅前のルミネなどの専門店ビルに集中していく中で、郊外ではないにしても食品スーパーとして生き残りをかけているダイエーの核テナントとしてどういった品揃えでファッショントレンド市場に挑んでいかれるのか、非常に関心の高いところでもあります。

そして、もう一つ課題としてあげさせていただくなら、低価格品を扱うことで売場の商品点数は増加し、尚且つトレンド商品であるがために商品回転率に格差が生まれます。そのため、売場の作業は増加し売場のプレゼンテーション技術に人手が必要になり、ユニクロのように標準化されたオペレーションが実現できるでしょうか? こちらも関心の高いところであります。

普通、低価格商品を扱うならよりベーシック商品を中心にそろえますが、今回はこの一般的な常識とは逆にトレンド商品を中心に揃えられます。さて、今まで多くの常識を破ってきた同社から今回はどのようなチャレンジを見ることができるのか、今後も注目していきたいと思います



最後までお読み頂きありがとうございます。
↓ ブログランキングに参加中です。応援お願いします。↓

  クリックお願いします  


このブログはオペレーションデザインが運営しております


[PR]

by operationdesign | 2006-07-06 23:29 | 経営者、経営戦略


<< ハニーズ、全員参画型で企画力アップ      am/pm、小型店で独自の市場開拓 >>