CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 29日

4月小売販売額、前年比0.1%減 天候不順で衣料品不振

おはようございます。5月29日の日経新聞に百貨店では中元商戦がスタートしたという記事がありました。梅雨入りもそうなんですが、まだ5月なのにという印象です。(笑)

また同じ日の記事に経産省が発表した商業販売統計がのっており、4月度の前年同月比は0.1%の減少であったということです。百貨店の主力品であり民間消費の代表的指標でもある衣料品や身の回り品は更に大きく1.3%減だったそうです。しかし時計や宝飾品などの高額品は好調ということのようです。

私は以前チェーンストア系企業の経営企画部門でこの数値を毎月収集していたことがありますので、その時の経験から見ますと、この現象は日本に2%ほどいると言われている1億円以上の資産を持つ人たち、いわゆる富裕層の方々の消費意欲が旺盛であるということだと思われます。株高により資産が増え、高額品の消費に回っているという見方が出来ます。

ところが全体的な消費は前年同月比で減少していますので、中間層の人達の財布のひもはまだ固いということではないでしょうか。今後所得の増加(夏のボーナスなど)があれば中間層の人達の消費意欲も高くなり、更に売上げは高まると思われます。

少し記憶が曖昧ですが、一昨日の新聞にも吉野家やゼンショーなどの外食チェーンが低価格店の牛丼屋ではなく、寿司屋などの高価格帯店舗のほうが客数が増加しているため出店店舗数を増加するという記事も掲載されていました。

このような記事を見ると高い商品を売りたくなります。しかし単純に高額品を品揃えすると失敗することがあります。失敗するケースのほうが多いと言っても過言でありません(笑)

当時を振り返ると、それはお客様がそのお店や企業に求めているものが違うためであり、良いものを仕入れても認知されないため売れずに終了してしまうということが多かったように思えます。

景気回復傾向の中、改めて顧客の声に耳を傾けると遠回りのような気がしますが、そこからニーズを深堀することで新たな需要を取り込むことができるのではないかと思います。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-05-29 13:58 | 顧客満足


<< ビックデータで交通情報を発信      ファミマ、8000点で無線LAN >>