2013年 05月 20日

業務受託(BPO)持ち味競う

おはようございます。5月20日の日経新聞の振興・中小企業欄に国内BPO(アウトソーシング)市場が成長市場であるという記事が掲載されていました。

面白かったのはサービスが多様なサービスが提供されているところで、例えばスマートフォンのソフト開発会社から開発したソフトの動作検証業務を発注するというようなケースもあり、その請け負う会社ではスマホの普及により仕事が増え15名体制から一気に150名体制へと拡充されるそうです。

このBPO市場、2013年度は前年比4.4%の伸びで今後も成長が続くと調査会社のIDCでは見込まれているそうです。非常に魅力的な市場に見えますが大手企業の参入も多いそうで、実際中小企業が新ビジネスとして成功させるにはそれなりの準備が必要であることは言うまでももないと思います。

弊社のお客様でもそうなのですが、最近はスマホやタブレットなど情報端末を利用される企業も数年前と比べるとかなり増えていますので、営業マンを中心として情報システムへのデータ入力は増えており、その入力や伝票などの出力など周辺の事務業務も一緒に増えていることは間違いありません。

そのような環境ですからBPOの対象となる業務は今までのようにコールセンター丸ごと発注や出荷作業まるまる発注という基幹業務の丸受けから名刺データの入力や売上データの修正など小さな業務も対象になるのではないかと思えます。もちろんスマートフォンやタブレットの普及による影響と言えます。

このようなニーズは非常にニッチなニーズなのでお客様がアウトソースすると気づいていないことが多いので、IT企業などベンダー側から提案していくことができれば受注できる可能性は高いのではないかと思えます。

そのためにはベンダー側の営業マンは顧客の不満に耳を傾ける必要があります。営業が聞いてきた不満をアイデアにし、サービス化するには関係部署の人を交えてディスカッションするのが一番良いので、このような業務プロセスを社内で作ることができれば新しいサービスが生まる可能性は高くなります。CRMは顧客の声を聞くという場面にも使うことができるツールです。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-05-20 10:24 | マーケティング


<< 日清食品、アフリカ進出      グーグル、クラウド型で音楽配信 >>