CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 26日

コマツ、IT活用で建機部品を収益源に

おはようございます。今日も日経新聞からIT活用のお話です。

私の仕事はITシステムを構築することですが、目的はお客様のビジネスに貢献することです。IT活用でビジネスに貢献するというとコスト削減のための投資を考えられる経営者の方はいまだに多いですが、最近の情報活用は多岐にわたっているため、IT活用はお客様の顧客の利便性や営業の生産性を高める、つまり売上げをあげるために活用されるケースが多く、私自身もお客様の売上げをあげるためにどうすれば良いかと常にアンテナを張ってます。

4月26日に日経新聞にはそのような売上の工場を狙う記事がありましたので大変興味深く拝見しました。

それは大型建機コマツの中期経営計画のプレスリリース記事なんですが、同社でいままで主力商品であった鉱山向けの機械の市場が厳しい環境になるとのことで、それにかわる対策として建設機械向けの部品販売を強化し新たな収益源を作る計画だそうです。

部品の販売強化の方法ですが、同社が納品した機械にはすでにICタグが取り付けられているため、部品の使用履歴や交換履歴を把握し、部品交換などのアフターサービスをきめ細かく提案することで販売量を増やすというも方法で、まさにITを営業で活用するというやり方ですね。

顧客にとっても必要なタイミングで納品業者から提案があると常にその業者を選択することになるので顧客の囲い込みとはこのようなことですね。

ただ、このような顧客の囲い込みはシステムを導入すればすぐに実現できるわけではなく、コマツでもシステムは2001年から導入されていて世界70カ国で30万台以上の機械にICタグが設置されているそうです。

10年以上の履歴のデータがあってこそ、顧客が必要とするタイミングが分かるので、IT投資の効果を得るまでには長い時間がかかるものなのです。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-04-26 08:03 | IT活用


<< 白物家電、国内で増産      任天堂、二期連続赤字 >>