CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 17日

レジャー施設、中堅も拡充投資

おはようございます。今日は設備投資のお話です

事業を成長させるには新しい顧客の開拓は必須ですが、新しい顧客を開拓するには新市場に進出するか、新商品を開発するといった設備投資の必要性に迫られることがあります。弊社のようなIT業界もそうです。

計画より収益があがらないとステークホルダー、金融機関や株主、従業員などの利害関係者に大きな影響を与えますので、判断には大きな勇気が必要になります。かといって全てに慎重だと事業は成長軌道にのせることはできなくなります。

4月17日の日経新聞にこのような設備投資の意思決定として学べる記事が掲載されていました。

テーマパークや遊園地などの設備投資がサンリオピューロランドや富士急ハイランドなどの中堅企業にも広がってきたそうです。

最初見たときに少子高齢化で子供やファイミリーの数が減少傾向なのになぜ?と感じたのですが、記事を読みますといずれの施設も来場者数が2~3%ほど前年よりも増加しているそうです。

家族が減っているのになぜ来場者が増えるのだろうかと思ったのですが、それよりも買い控えというかレジャー消費控えがそれ以上に大きかったということでしょうか。

いずれにしろ、来場者が少ない、つまり顧客の購買、来店頻度が少ない理由をどうとらえているかにより設備投資する際の判断が変わってきます。やはり経営者といえどもお客さんのことは良く知ってないといけないようです。


お読み頂きありがとうございます。
クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-04-17 10:15 | 経営者、経営戦略


<< タブレットの導入メリットは顧客...      レジャー施設、中堅も拡充投資 >>