CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 28日

2013参院選のネット選挙対策

おはようございます。今日も日経新聞からで、ネット選挙に関する記事からです。

今年の夏に参院選がありますが、安倍首相もそれまでにインターネットを使った選挙を展開したいとおっしゃていました。

我々有権者にとってもネットで候補者の考え方が分かるとうれしいですよね。パンフレットをもらったり演説会にも行かずとも、例えば経済対策や外交問題に対する各候補者の考え方を比較検討することもできますので大変便利です。

どちらかというと今まで出来なかったことに問題があります。

記事によりますと、そこでネット選挙解禁対策としてなりすまし防止のために電子証明書による本人管理を行うとのことです。一般的にブログやホームページなどに記事を書くには、IDとパスワードを入力して書くことが多いですね。

しかし、メールアドレスと誕生日など単純なIDとパスワードでは盗まれる恐れがあり、他人のIDと使って書き込みするような行為をなりすましと読んでいます。

選挙でこのなりすまし行為行われると大変な問題になりますよね。そこで考えられた方法は、電子証明書をという暗号化された本人しかもつことができないデータをもち、ID、パスワードと電子証明書を使ってログインし書き込みするという方法です。

これで夏の参院選挙では、イメージとかでなく、政策で選択できる人が多くなるといいなと思います。


お読み頂きありがとうございます。

クリックするとブログランキングに1票入ります。

[PR]

by operationdesign | 2013-02-28 11:55 | IT活用


<< 語学強い学生専門の就職サイト      顧客との恊働マーケティング >>