CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 18日

消費税10%に言及

おはようございます、上嶌です。今日は期待に対する評価についてです。

6月18日の日経新聞に管首相が消費税10%を言及し、参院選に向け現実的な路線にマニュフェストを修正したとの記事が1面にあります。

現実路線に転換とは、鳩山政権発足時に「税金の無駄使いを是正と予算の組み替えで財源を確保する」という基本政策を展開するというもの。その結果が消費税10%ということです。

財政のことを考えると消費税を上げることはやむなしを思いますが、納得できないのは方針転換をした理由を説明されないことです。

だったら何のための政権交代だったのか、と多くの人は思うはず。政権交代するために現実的に無理なことばかりマニュフェストに書いたということになりますね。当時の自民党はそのような民主党のマニュフェストをばらまきと批判していましたが、今回の方針転換によりバラマキが事実となると思います。

お客さんとの接しかたも同じですが、できないことは約束しないことです。

信頼を失う、それが風評となるとビジネスは破綻します。

民主党は小沢さんが辞めただけで支持率が上がっているようですが、そんな感情的なことだけで評価するのは疑問に思います。約されたことが実行されているかどうかが社会の正しい評価だと思います。


最後までお読み頂きありがとうございます。応援(1クリック)よろしくお願いします


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2010-06-18 10:35 | 顧客満足


<< 顧客情報取得狙いのM&A      異分野参入が増えている >>