CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 21日

クラウド広がる

おはようございます、上嶌です。今日はクラウドコンピューティングのお話です。

4月21日の日経新聞の一面に「クラウド広がる」という特集が組まれており、セールスフォースドットコムのエコポイントや損保ジャパンの事例が紹介されていました。

記事の主題はクラウドを拡大しているのは海外勢で、日本勢はあわてて国内にデータセンターを構築しているが、整備が追いつかなければ需要が海外に流れてしまうという内容でした。

記事を見ていると停止することができない基幹システムはクラウドの対象ではなく、自前で構築する企業が多いというようなことが書いてありましたが、自前で構築したシステムがとまらない保障はありません。

例えば、セールスフォースだとデータセンターの稼動時間は99.9%でグーグルは99.999%と言われています。これと自前で作ったシステムの停止する時間を比較しても大差ないのではないかと思います。

クラウドは巨大データセンターで処理が行われることで、処理スピードや運営コストが低下するところにメリットがあります。インターネットから利用するだけでクラウドと呼んでいるサービス、いわゆる偽者も沢山あります。

安全面、安定稼動の面で不安をあおり、従量課金制でもないサービスをクラウドと呼んでいる業者にはご注意下さい。結局高い買い物をさせられる恐れがあります。


最後までお読み頂きありがとうございます。応援(1クリック)よろしくお願いします


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2010-04-21 08:52 | クラウド、SNS


<< ショッピングセンターで荷物保管      顧客の声で短いねぎ開発 >>