2010年 04月 15日

富裕層の開拓手法は会員組織で

おはようございます、上嶌です。今日も昨日同様、顧客開拓のお話です。ブログの主旨である顧客満足経営から外れるテーマばかりですいません。

新規顧客の開拓手法は企業の英知が結集されており、新商品や新事業の開発と同じくらい参考になることが多くあります。今日は旅行会社HISさんの記事からです。

4月16日の日経新聞に、HISさんが富裕層への開拓を狙い、会員組織を立ち上げるとの記事がありました。同社は低価格の旅行が売りの会社でしたので富裕層が少ないそうで、今後の事業拡大には必要とのことでした。

会員になるには2年で50万円以上を購入しないといけないそうですが、特典は都内の高級ラウンジを利用できたり、旅行の相談に電話で応じられるという内容だそうです。

う~ん、、、50万以上するには、ちょっと特典が少ないように思えます。都内に限られますし、旅行、つまり商品やサービスに関する相談なんて、消費者の皆さんは出来て当然と思っている方が多いのではないでしょうか。

顧客管理システムも同時に立ち上げたということですが、これを使って今後、顧客の声を収集されることを期待します


最後までお読み頂きありがとうございます。応援(1クリック)よろしくお願いします


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2010-04-15 08:46 | マーケティング


<< 田辺三菱製薬が業務停止      クラウドで37万人が顧客情報を共有 >>