CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 10日

顧客の不安を配慮しリコール

おはようございます上嶌です。今日は話題となってますプリウスのリコールの話です。

新聞やニュースでも大きく取上げられていますが、注意深くニュースを見ていないと全てに欠陥があったように思いがちですが、実は良くよく読んでみますと、米国ではリコールされていますが、日本国内では国交省も欠陥と言えるようなものではないという判断であり、具体的には凍結した路面では通常0.06秒かかるブレーキが0.46秒になるという程度の不具合とのことです。

しかし顧客、社会から大きな不安を与えていることは事実で、そのような不安を払拭する目的で国内でもリコールに踏み切り、社長自らが陣頭指揮にたつという方針を発表されました。

今回の判断は、国家、行政の基準よりも顧客からの信頼感を優先したということだと思います。

顧客の苦情や容貌を蓄積し分析するITを導入するとの記載もありましたが、このような仕組みは、大きな事故が発生してからではなく普段から、またどんな業種でも必要ではないかとあらためて確信しました。


最後までお読み頂きありがとうございます。
応援(1クリック)よろしくお願いします


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2010-02-10 08:55 | 顧客満足


<< ハウステンボス、アジアからの集...      ジャイアンツのファン向けサービス事例 >>