CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 27日

三越が大規模なリストラ発表

おはようございます、上嶌です。しばらく投稿ができませんでした。今日はリストラの話です。

8月27日に日経新聞に三越が1000人規模で社員を約2割削減するというニュースが一面記事に掲載されていました。リーマンショック以来、小売業界でも業績低迷が続いていますが、早期退職に踏み切られた企業は初めてのような気がします。

今から15年ほど前になりますが、量販系の小売業では多くの企業が希望退職制度などに踏み切り、その後も業績が回復せず、結局破綻やイオンやIYグループなど勝ち組に吸収されたことを記憶していますが、その時もそごうや地方百貨店など一部の百貨店はリストラを断行されてましたが、多くの百貨店はリストラもなく現在に至っているように思えます。

バブル崩壊後にダイエーやマイカルなど量販系小売業が破綻した時、安いが品質が悪い商品が多いことで顧客の支持が得れないと言われていました。

それに対して、現在の百貨店の不振(特にアパレル)はユニクロなどの専門店に顧客を奪われていることが原因だと言われています。

ということは、15年前に市場から粗悪品が消えて、次に品質にあわない高額商品は市場から消えていくということでしょうか。

私たち生活するものにとっては歓迎すべきことですが、お客さんの目はますます厳しくなっていくはずです。対岸の火事と思っていると痛い目にあうかも知れません。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-08-27 13:00 | 経営者、経営戦略


<< CEOが顧客と一緒に買い物      衣料品専門店既存店売上-200... >>