CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 06日

スターバックスはカイゼンでコスト圧縮

おはようございます、上嶌です。今日は店頭でのトヨタ流カイゼンの効果についてです。

8月6日の日経新聞に現在リストラクチャリング中でもある米国スターバックスコーヒーがトヨタ流カイゼンで業績を回復しているという記事がありました。

日本のトヨタ自動車本社での勤務経験のある社員が、店頭で商品の材料を近い場所に固めたり、コーヒーの種類が一目でわかるようにラベル貼るなど無駄を省く活動を指導されているそうです。その結果、注文をさばく時間が平均25秒まで短縮され、客数も増加したということらしいです。

実際、25秒というのがどの程度カイゼンされたのかはわかりませんが、赤字であった前年から今期は約144億円の純利益を計上するまで業績を回復されているそうです。

カイゼンは業種、国を問わずコスト圧縮に効果があるということでしょうか。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-08-06 08:35 | 経営者、経営戦略


<< 米国アパレルチェーン7月度既存店売上      主要百貨店7月度売上 >>