CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 13日

ファストリテイリング、フットパークを縮小

おはようございます、上嶌です。一昨日、ファーストリテイリングのジーユーがユニクロの生産機能を活用し、市場にない付加価値の高い商品を提供することで業績を急激に回復しているという投稿を行いましたが、今後はそれとは逆に事業を縮小する話です。

7月13日の日経MJにはファーストリテイリングの子会社で靴事業を展開しているフットパークを10店舗程度残し、200店を2010年1月までに閉鎖するという記事が掲載されていました。

もともとこのフットパークは倒産した靴のマルトミというチェーンを同社が取得したもので、たしか2005年ごろだったように記憶しています。その後、色々な対策を打たれてたようですが、赤字脱却の見込みが立たず今回の決定に至ったようです。

記事によりますと、靴業界は問屋主体の産業であることと、消費者も大手メーカー品を好むという背景から、自社企画商品では受け入れられないそいうです。消費者の嗜好の違いにはさすがのユニクロSPAも通用しないということでしょうか。

でも、あと半年で200店舗閉鎖するというのはいったいどういう体制になっているのかって思うほどの速さです。猛スピードって言葉はこの同社のためにあるような言葉ですね。中で働いている人は大変ですね。店舗開発部の皆さん、ご苦労様です(笑)


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-07-13 08:34 | 経営者、経営戦略


<< 専門店の環境対策      店舗スタッフと顧客の交流サイト >>