CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 12日

店舗スタッフと顧客の交流サイト

おはようございます、上嶌です。今日は顧客との新しいサービスのお話です。

7月10日の日経MJに百貨店で化粧品販売を展開されているドクターシーラボという会社がインターネットで顧客が悩みを相談できるサービスを開始するという記事が掲載されていました。

特徴的なのは、悩みの相談サイトの画面上で店舗を選択できることです。このことにより、いつも行っているお店のなじみの美容部員から相談結果を得られることができるそうです。

顧客と店舗スタッフがやり取りできるサイトとは従来にはない新しい試みで、どれくらい反応があるのか少し子興味あります。

そして、このサイトのもうひとつの大きな効果となるのは、「お客さんの悩みをデータ化」できるというところです。

これはすごく重要なことで、後で分析すると、商品開発にいかせるようなアイデアもあるでしょうし、顧客のことがわかれば、よりきめ細かい提案もできますよね。顧客満足度はあがるでしょうし、来店度や客単価の向上にもつながると思います。

今度、サービスレベルでの競争が激しくなる中、ますますこういった顧客の悩みに耳を傾ける企業が増えてくるのではないかと思っています。

ちなみに私は現在、セールスフォースドットコムというCRMのコンサルティングと開発の仕事をしています。顧客データの活用や開発でお悩みであればご相談ください。最後に宣伝で失礼しました。(笑)


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-07-12 09:39 | 顧客満足


<< ファストリテイリング、フットパ...      ジーユーは前年70%アップ >>