CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 01日

買わない顧客の分析

こんにちわ。上嶌です。今日は顧客分析の話です。
7月1日の日経新聞に食品卸の菱食が顧客の小売業向けの米国調査会社と組んで、消費者行動の分析サービスを提供するという記事がありました。ファッションとは関係しませんが、非常に興味深いサービスだったのでご紹介したいと思います。

菱食はスーパーなど小売業のPOSデータを持っておられ、その分析サービスは以前よりされていますが、今回はそれに加え、店舗周辺に住む人でそのお店に行かなかった人の年齢や性別など属性をアンケートにより調査するというものです。

つまり、来店しなかった人のデータとPOSデータを分析し、来店してもらえるような品揃えを小売業に提案していくというサービスのようです。

当たり前ですが、POSデータには買ってくれたお客さんのデータしかありません。
小売業にとっては、買わなかった人にこそ、今後来店してほしいわけですので、買ってくれた人のデータよりも来店しなかった人のデータを分析するほうが明らかに効果的だと思います。

ピータードラッガーは、「経営とは顧客を創造する活動」と言ってしました。そういう意味では、来店しなかった人のデータを分析することは経営活動の始まりと言えるのではないでしょうか。

でも、来店していないわけですから、データを集めるにはアンケートや電話で聞くしなさそうですね。高くつきそうな感じがします。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-07-01 08:45 | 顧客満足


<< ウォルマートの売上、4000億...      ショップ袋はプロモーション効果大 >>