CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 30日

ショップ袋はプロモーション効果大

おはようございます。上嶌です。
6月29日の日経MJにアパレルショップで購入時にもらう袋を利用している女性が増えているという記事がありました。

以前に増して利用されるようになったのは、やはり最近の傾向でもある節約志向の高まりだそうです。当然、アパレルショップなので袋が「かわいい」ということが前提条件だと思います。中には、希少価値の高い袋だとネット上で高値で売買されているものもあるとのことで、例えばセシルマクビーの期間限定バックなんてのが人気があるそうです。

以前、私がアパレルチェーンに勤務時代、このショップ袋をコスト削減目的でショップロゴが入ったナイロン製から紙袋に変更したことがあるのですが、お客様から大変不評で、沢山のクレームを頂いたことを記憶しています。

ショップの袋は、他の買い物や家の細かいものの整理用、ゴミ袋など、買い物後に再利用されている方が多く、それが紙袋だとできないという声がほとんどでした。

フォエバー21の黄色のバックが原宿を歩く多くの人がもっており、大きな宣伝効果になっていると聞いています。節約志向。ECO志向の高まりにより、ショップ袋の販促効果はこれからますます高くなりそうですね。

そういう意味ではショップの袋は企業側が考えているよりもブランドイメージに大きな影響を与えるということが言えると思います。コスト削減という理由だけでは質素なものにすると痛い目に会いそうです。

個人的には、ローリーズファームの袋はとても魅力的な袋で、この袋をもらえるとおまけがもらえたような気持ちになります。


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-06-30 10:14 | 顧客満足


<< 買わない顧客の分析      ドレスバーンがツィーンブランド... >>