CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 26日

ドレスバーンがツィーンブランドを買収(米)

こんにちわ。上嶌です。今、新幹線の中で書いてます。今日もアメリカチェーンネタです。
最近こっち系ばかりですね。すいません、ネットのみが情報源の状態です。

さて、本題ですが、ドレスバーンという主にキャリア女性向けのアパレル、雑貨チェーン(全米に1425店舗)を展開している企業があるのですが、そのドレスバーンがツィーンブランド(Tween Brands)というローティーン(7~14歳)向けアパレル、雑貨で約840店舗展開している企業を買収するという発表がありました。

Tween Brandsというのは Limited Too と Justice というブランドを展開している企業で、Limited Tooというのは、あのLimited Brands社が、1980年代に当時の主力業態であった Limited の次世代ブランドとして展開していた企業でした。

随分古い話ですが、当時日本にはローティーン向けに店舗を展開している企業は少なく、多くのアパレルチェーンが米国視察セミナーにより Limited Too や Express(2008年に売却)を見て、自社に取り入れるという動きが活発に行われました。

当時は新業態の追加と全社の売上アップは比例しましたが、今はリスクのほうが大きいかもしれません。
でも、所有者は変わっても店舗(500以上)は残っているわけですから、市場を最初に押さえたら強いですね。

また、所有者が何回も変わって、バイヤーとかエリアマネジャーはどうなっているんでしょうね。経営陣だけが入れ替わるんでしょうか。この辺は勉強不足ですいません。またわかったらエントリーします


最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-06-26 19:48 | 経営者、経営戦略


<< ショップ袋はプロモーション効果大      今週は六本木です >>