CRMの営業活用ブログ

opedesign.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 14日

UAは接客重視と低価格ブランドの拡大

1月12日の日経MJにはユナイテッドアローズの岩城社長のインタビューが掲載されていました。私が注目したのは既存店対策と同社初のSC向けブランド「コーエン」の動向です。

まずコーエンですが、計画に対して8掛けの実績だそうで、そのためか今年の春物から価格帯をさらに1,000円程度下げられるそうです。私も自宅の近郊のできた西日本最大級のイオンに行った時にコーエンをちらっと拝見したのですが、メンズとレディスで別々に店舗があったにも関わらず、ものすごくお客さんが人が入ってました。

同社のほどのネームバリューがあればディベロッパー側もかなり魅力的なテナントであることは間違いないでしょう。ただSCなどボリュームゾーンのマーケットにはUAを知らない人も沢山いるので、この人たちへの認知度を高める対策が必要だと思いますので、どのような手を打ってこられるか、楽しみにしていきたいと思います。

そして、既存店対策ですが、本部のベテラン社員を売場に戻し、接客などのサービスレベルを基本から見直しされるそうです。アパレル業界に就職した人は服やファッションが好きだが接客は得意じゃないという人も意外と多いのではないかと思います。

ファッション感度が高いイメージのUAですが、てっきりMD面の対策が優先かと思いきや、接客サービスの改善が最優先ということのようです。

同じアパレルの小売業でも優先事項は企業の強みによって全然違います。このブログでこれらを比較しているだけでもなかなか面白いもんですね。また次の「2009トップに聞く」をお楽しみに。



最後までお読み頂きありがとうございます。
このブログは小売業の事例から成功法則を探求することを目的に運営しています。


↓ クリックするとブログランキングに1票入ります。 ↓
  応援お願いします  

[PR]

by operationdesign | 2009-01-14 00:33 | 経営者、経営戦略


<< 久しぶりの更新でご挨拶      ユニクロ、ヒートテック品切れで... >>